Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Virtualization

7.10. テンプレートをベースとするクローン仮想マシンの作成

クローン仮想マシンは、テンプレートをベースとする仮想マシンと類似しています。クローン仮想マシンは、テンプレートをベースとする仮想マシンと同じように設定を継承しますが、作成された後にはベースとなったテンプレートに依存しない点が異なります。

注記

テンプレートから仮想マシンをクローン作成すると、ベースとなったテンプレートの名前は、その仮想マシンの 仮想マシンの編集 ウィンドウの 全般 タブに表示されます。このテンプレート名を変更すると、全般 タブのテンプレート名も更新されます。ただし、Manager からテンプレートを削除した場合には、そのテンプレートの元の名前が代わりに表示されます。

手順7.16 テンプレートをベースとした仮想マシンのクローン作成

  1. 仮想マシン タブをクリックします。
  2. 新規仮想マシン をクリックします。
  3. 仮想マシンを実行する クラスター を選択します。
  4. テンプレートベース のドロップダウンメニューからテンプレートを選択します。
  5. 名前説明、および コメント を入力し、それ以外のフィールドではテンプレートから継承されたデフォルト値を受け入れるか、必要に応じてこれらの値を変更することが可能です。
  6. リソースの割り当て タブを選択します。
  7. ストレージの割り当て のセクションで クローン のラジオボタンを選択します。
  8. 割り当てポリシー のドロップダウンメニューからディスクのプロビジョニングポリシーを選択します。このポリシーは、クローン作成操作の速度と新規仮想マシンが最初に必要とするディスクスペースの容量に影響を及ぼします。
    • Thin Provision を選択すると、クローン作成操作が速くなり、ストレージ容量の使用率が最適化されます。ディスク容量は必要に応じて割り当てられます。これは、デフォルトで選択されています。
    • Preallocated を選択すると、クローン作成操作が遅くなり、仮想マシンの読み取り/書き込み操作が最適化されます。テンプレートで要求されている全ディスクスペースは、クローン操作時に割り当てられます。
  9. ターゲット のドロップダウンメニューを使用して、仮想マシンの仮想ディスクの保存先となるストレージドメインを選択します。
  10. OK をクリックします。

注記

仮想マシンのクローン作成には多少時間がかかる場合があります。テンプレートのディスクのコピーが新規作成される必要があります。この間、仮想マシンのステータスは最初に Image Locked と表示された後、Down に変わります。
仮想マシンが作成され、仮想マシン タブに表示されます。クローン操作が完了したら、その仮想マシンにユーザーを割り当て、使用を開始することができます。