Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Virtualization

5.5. 仮想 CPU のホットプラグ

仮想 CPU はホットプラグが可能です。ホットプラグとは、仮想マシンを実行中にデバイスを有効または無効にする操作です。
以下の前提条件を満たす必要があります。
  • 仮想マシンの オペレーティングシステム は、新規仮想マシン ウィンドウで明示的に設定する必要があります。
  • 仮想マシンのオペレーティングシステムで、CPU ホットプラグ機能がサポートされている必要があります。サポートに関する詳細は、以下の表を参照してください。
  • Windows の仮想マシンには、ゲストエージェントをインストールする必要があります。「Windows へのゲストエージェントとドライバーのインストール」を参照してください。

重要

現在 Red Hat Virtualization では、仮想 CPU のホットアンプラグはサポートされていません。

手順5.14 仮想 CPU のホットプラグ

  1. 仮想マシン タブをクリックして、実行中の仮想マシンを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. システム タブをクリックします。
  4. 必要に応じて 仮想ソケット の値を変更します。
  5. OK をクリックします。

表5.1 仮想 CPU ホットプラグのためのオペレーティングシステムのサポートマトリックス

オペレーティングシステム
バージョン
アーキテクチャー
ホットプラグのサポート
Red Hat Enterprise Linux 6.3+
 
x86
はい
Red Hat Enterprise Linux 7.0+
 
x86
はい
Microsoft Windows Server 2008
すべて
x86
いいえ
Microsoft Windows Server 2008
Standard、Enterprise
x64
いいえ
Microsoft Windows Server 2008
データセンター
x64
はい
Microsoft Windows Server 2008 R2
すべて
x86
いいえ
Microsoft Windows Server 2008 R2
Standard、Enterprise
x64
いいえ
Microsoft Windows Server 2008 R2
データセンター
x64
はい
Microsoft Windows Server 2012
すべて
x64
はい
Microsoft Windows Server 2012 R2
すべて
x64
はい
Microsoft Windows 7
すべて
x86
いいえ
Microsoft Windows 7
Starter、Home、Home Premium、Professional
x64
いいえ
Microsoft Windows 7
Enterprise、Ultimate
x64
はい
Microsoft Windows 8.x
すべて
x86
はい
Microsoft Windows 8.x
すべて
x64
はい