Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Virtualization

5.9. スケジューリング

Red Hat Virtualization では、スケジューリングとは、Red Hat Virtualization Manager がクラスター内のホストを新規または移行された仮想マシンのターゲットとして選択する方法を指します。
ホストが仮想マシンを起動したり、別のホストから移行された仮想マシンを受け入れたりする資格を得るには、ホストで起動または移行される仮想マシンの要件をサポートするのに十分な空きメモリーと CPU が必要です。仮想マシンは、オーバーロードされた CPU を持つホストで起動しません。デフォルトでは、ホストの CPU が 5 分間 80% を超える負荷がかかった場合に過負荷であると見なされますが、この値はスケジューリングポリシーを使用して変更できます。複数のホストが適格なターゲットである場合は、クラスターの負荷分散ポリシーに基づいて 1 つが選択されます。たとえば、Evenly_Distributed ポリシーが有効な場合、Manager は CPU 使用率が最も低いホストを選択します。Power_Saving ポリシーが有効な場合は、最大サービスレベルと最小サービスレベルの間で CPU 使用率が最も低いホストが選択されます。特定のホストの Storage Pool Manager (SPM)ステータスも、仮想マシンまたは仮想マシンの移行を開始するターゲットとしての適格性に影響します。非 SPM ホストが優先ターゲットホストです。たとえば、クラスターで開始された最初の仮想マシンは、SPM のロールがそのクラスター内のホストによって保持されている場合、SPM ホスト上で実行されません。