1.4. サブスクリプションの状態

すべての サブスクリプション管理ツールは、システムにインストールされている製品の有効なサブスクリプションへの変更を示すログと UI メッセージを提供します。

製品のサブスクリプションステータスは次のように色分けされています。

  • 緑色は、インストールされているすべての製品に対してすべてのサブスクリプションが有効であることを意味します。
  • 黄色は、一部の製品に注意が必要であることを意味します。たとえば、必要なサブスクリプションの一部が有効ではないが、更新がまだ有効であるなどです。
  • は、サブスクリプションの更新が無効になっており、新しいサブスクリプションが必要であることを意味します。

ents colorcoded

コマンドラインツールも、マシンのそのステータスを表示します。緑、黄色、および赤のコードは、それぞれ subscribedpartially subscribedexpired、および not subscribed というテキストのステータスメッセージに変換されます。

[root@localhost ~]# subscription-manager list
+-------------------------------------------+
    Installed Product Status
+-------------------------------------------+
Product Name:   Red Hat Enterprise Linux Server
Product ID:     69
Version:        7.6
Arch:           x86_64
Status:         Subscribed
Status Details:
Starts:         04/24/2013
Ends:           01/01/2022

表1.1 ステータスラベルとアイコン

アイコンメッセージ説明

status green

* Valid

* Subscribed

* Sufficient

インストールされたすべての製品には有効なサブスクリプションが割り当てられており、システムは完全にカバーされています。

status yellow

* Insufficient

* Partially subscribed

一部のインストール済み製品には、サブスクリプションがないか、適切な数のサブスクリプションが割り当てられていません。更新とサポートポリシーは引き続き有効です。

status red

* Invalid

* Not subscribed

システムまたはインストール済み製品にサブスクリプションは割り当てられていません。更新が無効になり、サポートの対応に影響が出る可能性があります。