3.2. Red Hat Subscription Management カスタマーポータルのサブスクリプションの更新

Red Hat Customer Portal は、サブスクリプションを管理および更新するためのツールを提供します。Red Hat Customer Portal を使用して My Subscriptions リンクに移動すると、サブスクリプションを表示および管理できます。My Subscriptions リンクを開くと、Red Hat Subscription Management ページが表示されます。このページの Overview タブには、サブスクリプションの概要が表示されます。その他の詳細は、Red Hat Subscription Management ページのリンクとタブから入手できます。

3.2.1. 優先サービスレベルサポート

インストール済み製品のサブスクリプション契約には、サービスレベルが含まれています。サービスレベルは、システムにインストールされている製品に関連付けられており、サポート要件に応じて製品ごとに異なる場合があります。

Red Hat のサービスレベルは、製品契約で定義されています。プロダクションサポートサービス条件でプロダクションサポートレベルの概要を確認できます。

同じ製品であっても、1 つのアカウントで複数のレベルのサポートを利用できます。適切なレベルのサポートが利用できるように、システムのサポートレベルを設定できます。たとえば、実稼働システムにはプレミアムレベル 1 のサポートがある場合がありますが、開発システムには標準サポート (またはセルフサポート) がある場合があります。

注記

デフォルトでは、サブスクリプションとシステムに対して利用可能な最高レベルのサポートが選択されています。

システムを登録すると、優先サービスレベルを割り当てることができます。サブスクリプションがシステムに自動接続され、優先サービスレベルが利用可能な場合、その優先サービスレベルに一致するサブスクリプションが使用されます。

注記

クライアントシステムの登録時に、自動割り当てまたは設定の更新によって、最初にサービスレベルの設定をクライアントシステムでローカルに設定する必要があります。このアクションは、CLI を介して実行されます。例は、Premium サービスレベルを示しています。

[root#server ~]# subscription-manager attach --auto --servicelevel Premium

システムのサービスレベル設定を設定すると、その設定はカスタマーポータルの Red Hat Subscription Management を通じて表示および編集できます。

システムの初期設定を実行した後、Red Hat Subscription Management カスタマーポータルのシステムの詳細ページでサービスレベルの設定を確認できます。