3.2.3. サブスクリプションの自動アタッチ

サブスクリプションサービスは、システムに接続されているサブスクリプションを監視し、有効期限が近づいていることを追跡できます。サブスクリプションの有効期限が切れてから 24 時間以内に、さぶすくりぷしょん管理はシステムを新しい一致するサブスクリプションに自動的に再接続し、サブスクリプションステータスが有効なままになるようにします。

自動割り当ては、アクティブで互換性のあるサブスクリプションが利用可能である限り、システムの製品が期限切れになるのを防ぎます。