第3章 通知および変更されたステータスへの対応

3.1. サブスクリプションの自動割り当てと更新

Red Hat Enterprise Linux システムは、システムに接続されているサブスクリプションをモニターするサービス rhsmcertd を実行します。rhsmcertd サービスは、インストールされた製品のサブスクリプションを追跡し、Red Hat Subscription Management レポートで提供される情報を収集します。たとえば、インストール済みの製品サブスクリプションが有効期限に近づいた場合、更新された場合、または削除された場合などです。

インストールされた製品に有効なサブスクリプションがない場合、Red Hat Subscription Management は、システムにインストールされた製品をカバーするために最適なサブスクリプションを自動的にアタッチしようとします。割り当ては自動的に行われるため、管理者の介入は必要ありません。このメカニズムは、登録時のシステムの自動割り当てに似ています。この自動プロセスにより、次のような動的な環境でサブスクリプションが更新されたままになります。

  • 新しい製品がインストールされたとき
  • サブスクリプションの有効期限が切れたとき
  • サブスクリプションが更新されたとき
  • サブスクリプション管理アプリケーションがそのマニフェストを置き換えるとき

自動割り当てはデフォルトで有効になっています。subscription-manager コマンドを使用するか、オンラインの Red Hat Subscription Management やサテライトなどのサブスクリプションサービスを使用して、自動アタッチを無効にして再度有効にすることができます。/etc/rhsm/rhsm.conf ファイルを変更して、rhsmcertd サービスが自動接続チェックを実行する間隔を変更できます。

3.1.1. サービスレベルとオペレーティングシステムのバージョン

サブスクリプションの更新と自動アタッチに Red Hat Subscription Management を使用する場合、追加情報を設定できます。

  • サービスレベル。
  • オペレーティングシステムのマイナーバージョン (XY)。

3.1.2. サービスレベル

インストール済み製品のサブスクリプション契約には、サービスレベルが含まれています。サービスレベルは、システムにインストールされている製品に関連付けられており、サポート要件に応じて製品ごとに異なる場合があります。

Red Hat のサービスレベルは、製品契約で定義されています。プロダクションサポートサービス条件でプロダクションサポートレベルの概要を確認できます。

同じ製品であっても、1 つのアカウントで複数のレベルのサポートを利用できます。適切なレベルのサポートが利用できるように、システムのサポートレベルを設定できます。たとえば、実稼働システムにはプレミアムレベル 1 のサポートがある場合がありますが、開発システムには標準サポート (またはセルフサポート) がある場合があります。

注記

デフォルトでは、サブスクリプションとシステムに対して利用可能な最高レベルのサポートが選択されています。

3.1.3. 優先 OS バージョン

RHEL のリリースによっては、製品のサブスクリプションと更新がソフトウェアの特定のメジャーおよびマイナーバージョン (X.Y) に依存する場合があります。特定の OS バージョンのシステム設定を設定できます。

表3.1 メジャーバージョンとマイナーバージョンの例

メジャーバージョン

RHEL 6

RHEL 7

マイナーバージョン

RHEL 6.1

RHEL 7.1

 

RHEL 6.3

RHEL 7.5

多くの運用 IT 環境は、特定のバージョンのソフトウェアに対して認定を受ける必要があるため、認定への準拠を維持できるように、更新プログラムの OS リリースバージョンを設定することが重要です。これにより、システムで許可される更新またはパッチを制御できます。

リリースバージョンの優先条件を設定すると、最新バージョンのリポジトリーを自動的に使用するのではなく、システムのアクセスがそのオペレーティングシステムのバージョンに関連付けられたコンテンツリポジトリーに制限されます。

たとえば、優先するオペレーティングシステムのバージョンが 7.5 の場合、7.5 のコンテンツリポジトリーは、システムにインストールされているすべての製品とアタッチされているサブスクリプションに対して優先されます。この設定は、他のコンテンツリポジトリーが利用可能になった場合でも維持されます。

その優先 OS バージョンのパッケージ、更新、およびエラータのみがシステムに使用されます。

3.1.4. Red Hat Subscription Management GUI を使用したサービスレベルの表示

Subscription Manager GUI を使用すると、インストールされている各製品のサービスレベルを表示できます。

  1. Subscription Manager GUI を開きます。
  2. My Subscriptions タブをクリックします。
  3. サブスクリプションリストからインストール済みの製品を選択し、クリックします。
  4. サブスクリプションの詳細を表示します。

図3.1 サービス

rhsm sla info

3.1.5. Red Hat Subscription Management GUI を使用したサービスレベルと OS バージョンの設定

システムにインストールされている各製品のサービスレベルと OS バージョンを設定できます。これは、Subscription Manager の System > Preferences メニューから行います。

注記

サービスレベルと OS リリースバージョンを選択する場合、使用可能な値は、現在のアカウントとサブスクリプションステータスに基づいています。

  1. Subscription Manager GUI を開きます。
  2. System > Preferences を選択するか、ショートカット Ctrl+P を入力します。

    rhsm メニュー新規
  3. System Preferences ダイアログで、システムに適用する設定を選択します。

    rhsm メニュー設定新規
  4. Close をクリックして設定を保存します。

3.1.6. Red Hat Subscription Management GUI を使用して OS バージョン設定を削除する

Red Hat Subscription Management GUI を使用して設定を削除または設定解除できます。

  1. Subscription Manager GUI を開きます。
  2. System > Preferences を選択するか、ショートカット Ctrl+P を入力します。

    rhsm メニュー新規
  3. System Preferences ダイアログで、対応するドロップダウンメニューから Not Set を選択して、リリースバージョンまたはサービスレベルの設定を削除します。
  4. Close をクリックして設定を保存します。

3.1.7. コマンドラインでのサービスレベルの設定

登録時にシステムを自動接続すると、そのシステムの優先サービスレベルを選択できます。製品サブスクリプションは、希望するサービスレベルに最適なものに基づいて選択されます。

3.1.7.1. サービスレベルの表示

システムは、複数のサービスレベルを利用できます。使用可能なレベルは、システムまたはシステムにインストールされている製品に対して有効なレベルではない場合があります。サービスレベルはサブスクリプションによって異なります。

subscription-manager service-level コマンドを使用して、システムで利用可能なサービスレベルを表示できます。

  1. subscription-manager service-level コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager service-level --list コマンドを入力して、使用可能なサービスレベルを一覧表示します。

    [root@server ~]# subscription-manager service-level --list
    +-------------------------------------------+
              Available Service Levels
    +-------------------------------------------+
    Standard
    None
    Premium
    Self-Support
  3. subscription-manager service-level --show コマンドを入力して、システムの現在のサービスレベル設定を表示します。

    [root#server ~]# subscription-manager service-level --show
    Current service level: self-support

3.1.7.2. サービスレベルの変更

登録後、優先サービスレベルをシステムで利用可能な別のレベルに変更できます。

システムのサービスレベルプリファレンスを設定するには、subscription-manager service-level コマンドを使用します。アカウントとローカルシステムのデフォルトのサービスレベルを選択できます。アカウント設定とローカルシステム設定は同じである必要はありません。

  1. subscription-manager service-level コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager service-level コマンドを入力して、使用可能なサービスレベルを一覧表示します。

    [root@server ~]# subscription-manager service-level --list
    +-------------------------------------------+
              Available Service Levels
    +-------------------------------------------+
    Standard
    None
    Premium
    Self-Support
  3. subscription-manager service-level コマンドを入力して、使用可能なサービスレベルのいずれかを選択します。このコマンドは、サービスレベルを self-support に設定します。

    [root@server ~]# subscription-manager service-level --set=self-support
    Service level set to: self-support
  4. サービスレベルを確認します。

    [root#server ~]# subscription-manager service-level --show
    Current service level: self-support

3.1.7.3. サービスレベルによるサブスクリプションの自動割り当て

subscription-manager attach コマンドを使用して、サブスクリプションを自動割り当てし、優先サービスレベルを設定できます。

注記

--auto および --auto-attach コマンドオプションの使用については、subscription-manager attach コマンドの man ページエントリーを参照してください。

  1. subscription-manager attach コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. 登録後にサービスレベルを選択するには、subscription-manager attach --auto コマンドを入力し、優先するサービスレベルを選択します。

    [root#server ~]# subscription-manager attach --auto --servicelevel Premium
    Service level set to: Premium
    Installed Product Current Status:
    ProductName:            RHEL 6 for Workstations
    Status:                 Subscribed

3.1.7.4. 登録時のオペレーティングシステムリリースの設定

subscription-manager register コマンドで --release オプションを使用して、システムの登録時にリリースバージョンの設定を行うことができます。

  1. subscription-manager register コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. システムを登録するときに、システムに自動接続されている選択したサブスクリプションにリリース設定を適用します。

    [root#server ~]# subscription-manager register --auto-attach --release=6.4 --username=admin@example.com...

    リリース設定を設定するときは、--auto-attach オプションを使用する必要があります。これは、自動割り当てするサブスクリプションを選択する基準の 1 つであるためです。

注記

サービスレベルの優先条件を設定するのとは異なり、リリースの優先条件は登録時にしか使用できません。あるいは、優先条件として設定します。attach コマンドでは指定できません。

3.1.8. コマンドラインを使用したオペレーティングシステムのリリース設定の設定

CLI を使用して、OS バージョンの設定を表示、設定、および削除できます。

3.1.8.1. OS 設定の表示

subscription-manager release --list コマンドを使用して、システムで利用可能な OS 設定を表示します。

  1. subscription-manager release コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager release --list コマンドを入力して、システムで利用可能な OS バージョンの設定を表示します。

    [root#server ~]# subscription-manager release --list
    +-------------------------------------------+
              Available Releases
    +-------------------------------------------+
    7.0
    7.1
    7.2
    7.3
    7.4
    7.5
    7.6
    7Server

3.1.8.2. OS プリファレンスの設定

subscription-manager release --set コマンドを使用して、システムの優先 OS バージョンを設定します。

  1. subscription-manager release コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager release --set コマンドを入力して、プリファレンスを使用可能なリリースバージョンのいずれかに設定します。

    [root#server ~]# subscription-manager release --set=7.3
    Release version set to: 7.3

3.1.8.3. コマンドラインで OS 設定を削除する

subscription-manager release --unset コマンドを使用して、システムの優先 OS バージョンの設定を解除します。

  1. subscription-manager release コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager release --unset コマンドを入力して、リリースバージョンの設定を解除します。

    [root#server ~]# subscription-manager release --unset
    Release version set to:

3.1.9. Subscription Manager の通知に応じた自動割り当て

サブスクリプションマネージャー GUI を使用して、サブスクリプションを自動割り当てできます。

  1. Subscription Manager UI を開きます。
  2. サブスクリプションが期限切れになっているインストール済み製品を選択します。
  3. Auto-attach をクリックします。

3.1.10. システム登録時の自動割り当て

subscription-manager register コマンドを使用して、システムをサブスクリプションサービスに登録し、インストール済みの製品サブスクリプションを自動割り当てできます。このアクションは通常、システムを登録するときに実行されます。

  1. subscription-manager コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager register コマンドを入力して、システムを自動接続します。

    [root@server1 ~]# subscription-manager register --username admin-example --password secret --auto-attach

3.1.11. 登録後の自動割り当て

最初のシステム登録後に、サブスクリプションを自動割り当て用に設定できます。初期登録後の自動接続は、デフォルトのシステム設定に含まれていない追加の製品をインストールする場合に役立ちます。インストール後に自動割り当てすると、正しいサブスクリプションを簡単に割り当てすることができます。

  1. subscription-manager コマンドを使用するには、root アクセス権限が必要です。
  2. subscription-manager コマンドを入力します。

    [root@server1 ~]# subscription-manager attach --auto