第4章 エラータ通知の管理

4.1. 登録済みシステムの Red Hat Subscription Management エラータ通知

エラータ通知は、バグ修正またはソフトウェア更新がある場合に発行されます。Red Hat ポータルプロファイルを通じて、システムレベルまたはサブスクリプションレベルで通知を選択できます。推奨される通知は、アカウントのすべてのシステムに対するもので、システムレベルの通知です。

システムレベルでは、インストール済み製品のサブスクリプションが割り当てられているすべての登録済みシステムのユーザーアカウントにエラータ通知メールが送信されます。製品のサブスクリプションが割り当てられているが、その製品がインストールされていないシステムは、通知を受け取りません。

サブスクリプションレベルの通知では、アカウントに登録されているサブスクリプションについてのみ通知を受け取ります。登録されているすべてのシステムがチェックされても、個々のシステムはエラータ通知にリストされません。