1.4. virt-who 一般的な設定

注記

/etc/sysconfig/virt-who は次のメジャーリリースではサポートされず、グローバル設定ファイルは /etc/virt-who.conf で置き換えられます (つまり'VIRTWHO_DEBUG', 'VIRTWHO_ONE_SHOT', 'VIRTWHO_INTERVAL', 'HTTPS_PROXY, NO_PROXY')。

一般的な設定ファイル (/etc/virt-who.conf にあります) は、virt-who のインストール時に自動的に作成されます。デフォルト値を使用するか、必要に応じてこのファイルを編集できます。3 つの特別なセクションがあります ([global]、[defaults]、および [system_environment])。

グローバルセクションの設定は、アプリケーションの全体的な動作に影響を与えます。

例 : グローバルセクション

[global]
interval=3600 1
debug=True 2

1
接続されているハイパーバイザーの変更を確認する頻度 (秒)。また、マッピングが報告される頻度にも影響します。仮想マシンには最長で 7 日間の一時的なサブスクリプションが付与されるため、頻繁な照会は必要なく、使用環境のサイズに適した間隔を選択できます。
2
デバッグ出力の有効化

可能なデフォルトの設定は、/etc/virt-who.d/.conf にある設定のデフォルトとして適用されます。このセクションのオプションを有効にすると、/etc/virt-who.d/.conf で再度設定する必要はありません。

例 : デフォルトセクション

[defaults]
owner=1234567 1
hypervisor_id=hostname 2

1
ハイパーバイザーが属する組織。ハイパーバイザーで subscription-manager orgs を実行して組織を見つけることができます。
2
ハイパーバイザーの識別方法は、uuid、hostname、hwuuid のいずれかです。

system_environment の設定はシステムの環境に書き込まれ、プロセスの実行中は利用可能です。virt-who がサービスとして起動されたか、コマンドラインから起動されたかにかかわらず、この設定が使用されます。

例 : system_environment セクション

[system_environment]
http_proxy= https://proxy.example.com:443 1
no_proxy=* 2

1
virt-who の通信に HTTP プロキシーを使用します。
2
このサーバーからの virt-who 通信に HTTP プロキシーを使用したくない場合は、no_proxy を * に設定します。
注記

[system_environment] セクションは、virt-who-0.30.x-1.el8 (RHEL 8.4) からサポートされています。旧バージョンの virt-who をお使いの方は、/etc/sysconfig/virt-who で HTTP_PROXY、NO_PROXY を設定してください。