1.3. 各仮想化プラットフォームの virt-who 設定

virt-who は、仮想化タイプおよびハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーなどの情報を指定するファイルを使用して設定されます。サポートされている設定は、仮想化プラットフォームによって異なります。

  • 各設定ファイルは /etc/virt-who.d/ ディレクトリーに保存されます。各ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャー用に個別の設定ファイルを作成する必要があります。

virt-who 設定ファイルの例

以下の例は、Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーの個々の virt-who 設定ファイルを示しています。

[hypervisor1]
type=hyperv
server=hypervisor1.example.com
username=virt_who_user
encrypted_password=bd257f93d@482B76e6390cc54aec1a4d
hypervisor_id=hostname
owner=1234567

type および server の値は仮想化プラットフォームによって異なります。以下の表は、より詳細な情報を提供します。

username は、Microsoft Hyper-V または VMware vCenter の読み取り専用ユーザーを指します。virt-who を設定する前に作成する必要があります。virt-who は、このアカウントを使用して仮想マシンの一覧を取得します。Red Hat ハイパーバイザー専用の virt-who ユーザーは必要ありません。

各仮想化プラットフォームに必要な設定

以下の表を使用して、virt-who 設定を計画します。

サポート対象の仮想化プラットフォーム設定ファイルで指定する型設定ファイルに指定されたサーバーvirt-who がインストールされているサーバー

Red Hat Virtualization

RHEL Virtualization (KVM)

Red Hat OpenStack Platform

libvirt

必須ではありません。

各ハイパーバイザー

VMware vSphere

esx

vCenter Server

専用の RHEL サーバー

Microsoft Hyper-V

hyperv

ハイパーバイザー

専用の RHEL サーバー

OpenShift Virtualization

kubevirt

OpenShift Cluster Master

専用の RHEL サーバー

重要

rhevm および xen のハイパーバイザータイプはサポート対象外です。