第3章 virt-who ホストの準備

以下の手順を使用して、VMware vCenter および Microsoft Hyper-V 用の virt-who サービスを実行するように Red Hat Enterprise Linux 7 サーバーを設定します。サーバーは、物理または仮想のいずれかです。

Red Hat ハイパーバイザー用に別の virt-who ホストは必要ありません。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux 7 サーバーをインストールします。CLI 環境のみが必要です。詳細は Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド を参照してください。
  2. システムを登録します。

    # subscription-manager register --auto-attach
  3. virt-who とサブスクリプションサービスとの間の通信用にネットワークポートを開きます。

    # firewall-cmd --add-port="443/tcp"
    # firewall-cmd --add-port="443/tcp" --permanent
  4. virt-who と各ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーとの間の通信用にネットワークポートを開きます。

    • VMware vCenter: TCP ポート 443
    • Microsoft Hyper-V: TCP ポート 5985
  5. virt-who をインストールします。

    # yum install virt-who
  6. 必要に応じて、/etc/virt-who.conf ファイルを編集してグローバル設定を変更または追加します。これらの設定は、このサーバーからのすべての virt-who 接続に適用されます。

    • VIRTWHO_INTERVAL の値を、仮想化プラットフォームにクエリーする頻度 (分単位) を指定するように変更します。仮想マシンには最長で 7 日間の一時的なサブスクリプションが付与されるため、頻繁な照会は必要なく、使用環境のサイズに適した間隔を選択できます。ほとんどの環境では、1 日 1 回 (1440) が適しています。
    • virt-who 通信に HTTP プロキシーを使用する場合は、プロキシーを指定する行を追加します。

      http_proxy=https://proxy.example.com:443
    • このサーバーからの virt-who 通信に HTTP プロキシーを使用しない場合は、以下の行を追加します。

      NO_PROXY=*
  7. virt-who サービスを開始して有効にします。

    # systemctl enable --now virt-who