4.3. Microsoft Hyper-V に接続するための virt-who の設定

以下の手順を使用して、virt-who が Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーに接続するように設定します。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 9 以降
  • Red Hat Enterprise Linux サーバーで virt-who ホストを準備しておく。
  • ハイパーバイザーの基本的な認証モードを有効にしておく。
  • ハイパーバイザーでリモート管理を有効にしておく。
  • ハイパーバイザーに読み取り専用の virt-who ユーザーを作成しておく。

手順

  1. virt-who ホストで、virt-who-password ユーティリティーを使用して、ハイパーバイザーの virt-who ユーザーのパスワードを暗号化します。

    # virt-who-password

    プロンプトが表示されたら、virt-who ユーザーのパスワードを入力し、暗号化された形式のパスワードを書き留めます。

  2. テンプレート設定ファイルを新規の個別の設定ファイルにコピーします。

    # cp /etc/virt-who.d/template.conf /etc/virt-who.d/hyperv1.conf

    トラブルシューティング時に設定ファイルを簡単に特定できるようにするには、ハイパーバイザーのホスト名を新規ファイル名として使用します。この例では、ホスト名は hyperv1 です。

  3. 作成した設定ファイルを編集して、サンプルの値を、お使いの設定に固有の値に変更します。

    [hyperv1] 1
    type=hyperv 2
    server=hyperv1.example.com 3
    username=virt_who_user 4
    encrypted_password=bd257f93d@482B76e6390cc54aec1a4d 5
    owner=1234567 6
    hypervisor_id=hostname 7
    1
    名前は個別の設定ファイルごとに一意でなければなりません。ハイパーバイザーのホスト名を使用して、各ハイパーバイザーの設定ファイルを簡単に特定できます。
    2
    この virt-who 接続が Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーに属することを指定します。
    3
    Hyper-V ハイパーバイザーの FQDN。
    4
    ハイパーバイザーの virt-who ユーザーの名前。
    5
    virt-who ユーザーの暗号化されたパスワード。
    6
    このハイパーバイザーが属する組織。ハイパーバイザーで subscription-manager orgs を実行して組織を見つけることができます。
    7
    ハイパーバイザーを特定する方法を指定します。ホスト名 を使用して、サブスクリプション管理に意味のあるホスト名を提供します。ハイパーバイザーの名前が変更された場合は、uuid を使用して重複を避けることができます。個別のハイパーバイザーには hwuuid を使用しないでください。
  4. virt-who サービスを再起動します。

    # systemctl restart virt-who

ハイパーバイザーごとに、この手順を繰り返します。