第1章 はじめに

以下の仮想化プラットフォームでは、Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンのホストベースのサブスクリプションを使用できます。

  • Red Hat Virtualization
  • Red Hat Enterprise Linux Virtualization (KVM)
  • Red Hat OpenStack Platform
  • VMware vSphere
  • Microsoft Hyper-V
  • OpenShift Virtualization

1.1. ホストベースのサブスクリプション

仮想マシンは、物理サブスクリプションからのエンタイトルメントを使用する代わりに、ホストベースのサブスクリプションを使用できます。ホストベースのサブスクリプションはハイパーバイザーに割り当てられ、ハイパーバイザーが仮想マシンにサブスクリプションを提供できるようにします。多くのホストベースのサブスクリプションは、無制限の仮想マシンのエンタイトルメントを提供します。

仮想マシンがハイパーバイザーからサブスクリプションを継承できるようにするには、virt-who をインストールして設定する必要があります。virt-who は仮想化プラットフォームをクエリーし、ハイパーバイザーおよび仮想マシン情報を Red Hat Subscription Management に報告します。

仮想マシンが自動割り当てが有効で、十分なホストベースのサブスクリプションが利用可能な場合には、以下のいずれかの動作が発生します。

  • 仮想マシンが virt-who によって報告され、ホストベースのサブスクリプションがハイパーバイザーに割り当てられている場合、仮想マシンはハイパーバイザーからサブスクリプションを継承します。
  • 仮想マシンが virt-who によって報告され、ハイパーバイザーが Subscription Management に登録されていて、ホストベースのサブスクリプションが割り当てられていない場合は、ホストベースのサブスクリプションがハイパーバイザーに割り当てられ、仮想マシンによって継承されます。
  • 仮想マシンまたはそのハイパーバイザーが virt-who によって報告されていない場合、サブスクリプション管理は、仮想マシンに最大 7 日間有効な一時サブスクリプションを付与します。更新された情報を virt-who が報告すると、Subscription Management は仮想マシンで実行しているハイパーバイザーを特定し、永続的なサブスクリプションを仮想マシンに割り当てることができます。

auto-attach が有効になっているものの、virt-who が実行していない場合や、ホストベースのサブスクリプションが利用できない場合、Subscription Management は物理サブスクリプションを仮想マシンに割り当てます。これにより、意図したよりも多くのエンタイトルメントが消費される可能性があります。

自動アタッチが有効になっていない場合には、仮想マシンはホストベースのサブスクリプションを使用できません。

注記

Red Hat Enterprise Linux 8.0、8.1、8.2 の System Purpose add-ons have no effect on the auto-attach feature アドオンは自動アタッチ機能には影響しません。

サブスクリプションに virt-who が必要かどうかを確認するには、カスタマーポータル (https://access.redhat.com) にログインし、サブスクリプション > サブスクリプションの使用率 の順に移動し、サブスクリプションを選択します。SKU DetailsVirt-Who: Required が表示された場合は、そのサブスクリプションを使用するように virt-who を設定する必要があります。

仮想マシンのサブスクリプションプロセス

以下の図では、仮想マシンが virt-who で報告されていない場合のサブスクリプションワークフローを紹介しています。

仮想マシンのサブスクリプションプロセス

1 仮想マシンは、Subscription Management からサブスクリプションを要求します。

2 サブスクリプション管理は、仮想マシンが属するハイパーバイザーを決定する間、仮想マシンに最大 7 日間有効な一時サブスクリプションを付与します。

3 virt-who がハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーに接続し、その仮想マシンに関する情報を要求します。

4 ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーが、それぞれの UUID を含む仮想マシンの一覧を virt-who に返します。

5 virt-who は、仮想マシンとそのハイパーバイザーのリストを Subscription Management に報告します。

6 サブスクリプション管理は、十分なエンタイトルメントが利用可能であれば、仮想マシンに永続的なサブスクリプションを割り当てます。

関連情報

Red Hat サブスクリプションモデルの詳細は、Red Hat Subscription Management ワークフローの概要 を参照してください。