2.4. オフラインシステムの登録

管理者が、接続に制限があったり、常にインターネットにアクセスできるとは限らないシステムにサブスクリプションをアタッチしてトラッキングする場合があります。オフラインまたは「エアーギャップ」システムを登録するには、カスタマーポータルで Red Hat Subscription Management (RHSM) を使用してシステムプロファイルを手動で作成する必要があります。このプロファイルはプレースホルダーとして提供され、実際のシステムには接続されません。
  1. システムプロファイルの作成: RHSM の システム ページで、新規 ボタンをクリックします。必要な情報を提供して、新規システムプロファイルの作成を完了します。
  2. サブスクリプションのアタッチ: 新規に作成したシステムプロファイルで、サブスクリプションタブをクリックし、システムで使用するサブスクリプションをアタッチします。
  3. エンタイトルメント証明書のダウンロードおよびインポート: システムプロファイルの サブスクリプション タブで、証明書のダウンロード をクリックして、アタッチしたサブスクリプションのエンタイトルメント証明書をダウンロードします。ダウンロードファイルは zip フォーマットになります。コンテンツを抽出すると、/export/entitlement_certificates/ ディレクトリーに証明書 xyz.pem が抽出されます。このファイルを、クライアントシステムの /tmp ディレクトリーに移動します。
    # subscription-manager import --certificate=/tmp/Name_Of_Downloaded_Entitlement_Cert.pem

重要

# subscription-manager register コマンドでオンラインシステムを登録すると、カスタマーポータルに接続しているプロファイルが自動的に作成されます。オフライン登録では、カスタマーポータルに、切断しているプロファイルを手動で作成します。
この手順を行うと、カスタマーポータルのシステムプロファイルにおけるサブスクリプションステータスが "Unknown" となり、# subscription-manager status コマンドでも "Unknown" と出力されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。