Red Hat サブスクリプション管理で API の使用

Red Hat Subscription Management 1

Red Hat サブスクリプション管理での API の認可、管理、およびトラブルシューティング

Customer Content Services

概要

Red Hat サブスクリプション管理は、Red Hat 製品に対するサブスクリプションの自動化、管理、追跡に役立つ API を開発および文書化しました。

1. Red Hat サブスクリプション管理で API の使用

RHSM の API を使用すると、Red Hat サブスクリプションおよびエンタイトルメントの使用をより効果的に追跡し、管理する方法を自動化することができます。RHSM で API を使用すると、以下を行うことができます。

  • 製品に使用するツールの制御
  • システムインベントリーの管理を改善
  • システムのより効率的な更新とセキュリティー保護
  • Red Hat 製品の正式サポートを引き続き受けることができます。

Red Hat Subscription Management API は認可に OAuth 2.0 を使用します。トークンを取得し、API にアクセスするには、以下の情報が必要になります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。