2. Subscription Asset Manager のトラブルシューティング

他のサービス、Red Hat Subscription Manager の機能、および環境が異なるため、Red Hat Subscription Manager にはバグや機能制限があります。本セクションでは、このような問題の一部について、回避策およびトラブルシューティングを説明します。

2.1. Subscription Asset Manager 1.3

2.1.1. インスタンスベースのサブスクリプション変更に必要なアップグレード

新しいサブスクリプション体系と新価格が Subscription Asset Manager 1.3 リリースに適用されました。Subscription Asset Manager 1.3 (および更新された Red Hat Subscription Manager) は、以前のサブスクリプション構造と、更新したサブスクリプションを適切に解析して適用します。以前のバージョンの Subscription Asset Manager には適用されません。

重要

2013 年 10 月 1 日以降に購入されるサブスクリプションには、新しいインスタンスベースモデルが採用されています。新しいサブスクリプションを使用するには、すべての Subscription Asset Manager サーバーをバージョン 1.3 にアップグレードする必要があります。以前のバージョンの Subscription Asset Manager は、新しいインスタンスベースのサブスクリプションと互換性がありません。
また、新しいインスタンスベースのサブスクリプションを使用するために、すべてのローカルシステムでローカルの Red Hat Subscription Manager パッケージを更新することを強く推奨します。
アップグレードプロセスには、Subscription Asset Manager およびそのデータベースのバックアップを取得し、インデックスを管理し、パッケージを更新することが必要になります。アップグレードの詳細な手順は、サブスクリプションドキュメントセット の『Subscription Asset Manager の使用』ガイドを参照してください。

2.1.2. 強化されたレポート機能に関する一般的な問題

問: レポートにシステムが表示されないのはなぜですか?
問: 新しいレポートを作成しようとすると、Validation failed: A server name has not been defined in the database. The backend splice tool must execute at least one time エラーが発生します。
問: すべてのシステムが無効としてマークされるのはなぜですか?
問: Subscription Asset Manager で、システムまたは Satellite サーバーのサブスクリプションを更新しましたが、その変更がレポートに反映されません。
問: レポート結果の Satellite 5.6 UI へのリンクが、HTTP 404 エラーを返します。
問: 使用している Subscription Asset Manager サーバーに、別の組織およびシステムを登録していますが、UI には表示されなくなりました。何が起こったのですか?
問:
レポートにシステムが表示されないのはなぜですか?
答:
レポーティングデータベースに情報が取得できていません。考えられる原因はいくつかあります。
  • Satellite サーバーから情報を取得できていない。
  • Subscription Asset Manager サーバーに情報が送られたときに、情報が破損していたか、フォーマットが適切でなかった。
  • Subscription Asset Manager からレポーティングデータベースへの情報送信が適切に行われていない。
  • 情報がデータベースに適切に保存されていない。
  • Subscription Asset Manager に保存されている情報が古くなっている。
はじめに、同期ツールのログ (/var/log/splice/spacewalk_splice_tool.log) の履歴で、同期スクリプトが実行していることを確認します。
次に、Mongo サービスが稼働しており、ポート 27017 をリッスンしていることを確認します。Mongo サービスが稼働していないと、Subscription Asset Manager サービスを起動することはできません。
[root@sam-server ~]# service mongod status
[root@sam-server ~]# telnet localhost 27017
サービスが稼働している場合は、Mongo データベースで同期エントリーを探します。以下は例となります。
[root@sam-server ~]# mongo checkin_service --eval "printjson(db.marketing_product_usage.count())"
問題が見つからない、または関連するエントリーが見つからない場合は、レポーティングのデバッグスクリプトを実行します。
[root@sam-server ~]# /usr/bin/splice-debug
これにより、関連するすべての設定と、レポーティングサーバーのログファイルが収集され、/tmp ディレクトリーの splice-debug-YYYY-MM-DD-TIME ファイル (例: /tmp/splice-debug-2013-06-14-T15-22-19) にデータをエクスポートします。
必要に応じて、このディレクトリーを zip で圧縮し、サポートチームに提出してください。
問:
新しいレポートを作成しようとすると、Validation failed: A server name has not been defined in the database. The backend splice tool must execute at least one time エラーが発生します。
答:
Subscription Asset Manager サーバーで spacewalk-splice-checkin ユーティリティーを最初に実行したときに、Satellite サーバーからデータを取り出して、Subscription Asset Manager データベースに組み込みます。これを行わないと Satellite 情報がないため、必要な Satellite サーバーおよび組織を使用してレポートを設定することができません。
問:
すべてのシステムが無効としてマークされるのはなぜですか?
答:
マニフェストがインポートされていることを確認します。このマニフェストにより、Subscription Asset Manager は、Satellite サーバーがアタッチしたサブスクリプションを認識します。マニフェストがないと、レポート機能は、利用可能なサブスクリプションがないと考えます。
問:
Subscription Asset Manager で、システムまたは Satellite サーバーのサブスクリプションを更新しましたが、その変更がレポートに反映されません。
答:
同期スクリプトは 4 時間ごとに実行するため、変更が同期されていない可能性があります。手動でスクリプトを実行してください (終了するまで数分かかる場合があります)。
[root@sam-server ~]# su - splice -s /bin/bash
[splice@sam-server ~]$ spacewalk-splice-checkin
問:
レポート結果の Satellite 5.6 UI へのリンクが、HTTP 404 エラーを返します。
答:
Satellite 5.6 マシンで rhn-search プロセスが実行していることを確認します。
問:
使用している Subscription Asset Manager サーバーに、別の組織およびシステムを登録していますが、UI には表示されなくなりました。何が起こったのですか?
答:
強化されたレポートに使用される Subscription Asset Manager インスタンスに Satellite 以外の組織が追加された場合は、その組織が、同期プロセス時に Subscription Asset Manager データベースで上書きまたは削除される場合があります。

警告

強化されたレポートをに使用される Subscription Asset Manager インスタンスは、Satellite のレポーティングサーバーとして のみ 使用できます、システムを管理する通常の Subscription Asset Manager インスタンスとして使用することはできず、使用するとデータが失われることがあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。