6.2. 補助リポジトリーおよびオプションのリポジトリーの有効化

製品サブスクリプションがシステムに割り当てられると、(サブスクリプション証明書で特定される) 関連するコンテンツリポジトリーがそのシステムで利用できるようになります。コンテンツリポジトリーは、製品と、rhsm.conf ファイルの baseurl パラメーターで定義されるコンテンツ配信ネットワークに基づいています。
サブスクリプションには、デフォルトのリポジトリーの他に、オプションのコンテンツリポジトリーへのアクセスが含まれている場合があります。オプションのリポジトリーにあるパッケージをインストールするには、そのリポジトリーを有効にしておく必要があります。これは、そのリポジトリーの製品に適切なサブスクリプションがシステムに割り当てられている場合も同様です。
  1. システムが利用可能な全リポジトリー (無効なリポジトリーも含む) を表示します。
    [root@server1 ~]# subscription-manager repos --list
  2. リポジトリーを有効にするには、repos コマンドの --enable オプションを使用します。
    [root@server ~]# subscription-manager repos --enable rhel-6-server-optional-rpms
オプションチャンネルと補助チャンネルの名前は、それぞれ rhel-6-server-optional-rpmsand および rhel-6-server-supplementary となります。不要なリポジトリーは、repos --disable コマンドを使用して無効にできます。