第6章 yum repos の使用

Red Hat Subscription Manager は yum を使用して作業します。Subscription Manager には独自の yum プラグインがあります。製品のサブスクリプション関連情報に関する product-id と、コンテンツリポジトリーに使用する subscription-manager です。

6.1. 利用可能なリポジトリーの表示

サブスクリプション管理アプリケーションは、環境や、物理的な場所などの要因に基づいて、さまざまなコンテンツリポジトリーを定義できます。Red Hat コンテンツ配信ネットワークを使用してる場合でも、製品ごとに複数のリポジトリーが利用できます。
repos コマンドは、システムの設定環境および組織に利用可能なリポジトリーの一覧と、そのリポジトリーがそのシステムに対して有効になっているかどうかを表示します。