5.3. HTTP プロキシーの使用

一部のネットワーク環境では、外部のインターネットアクセスまたはコンテンツサーバーへのアクセスが、HTTP プロキシーを経由した場合のみ許可されます。
Subscription Manager は、サブスクリプションサービスへのすべての接続に HTTP プロキシーを使用するように設定できます (これは初回起動時の詳細設定のオプションでもあります)。プロキシーの設定は、以下の手順で行います。
[root@server1 ~]# subscription-manager config
      --server.proxy_hostname=proxy.example.com
      --server.proxy_port=8080
      --server.proxy_user=admin
      --server.proxy_password=secret

注記

proxy_hostname 引数を空白にすると、HTTP プロキシーは使用されません。プロキシーサーバーポートは proxy_port です。