2.2. Subscription Manager ユーザーインターフェースでアクティベーションキーを使用してサブスクリプションをアクティブ化

オンプレミスアプリケーションでは、システムに使用するサブスクリプションを事前に設定できます。この事前設定のサブスクリプションセットは、アクティベーションキーによって識別されます。このアクティベーションキーは、ローカルシステムでサブスクリプションを割り当てるのに使用します。
  1. 設定 RPM をインストールするか、以下のように Subscription Manager を手動で設定して、サブスクリプションアプリケーションを指定します。
    [root@server ~]# rpm -ivh http://sam.example.com/pub/candlepin-cert-consumer-latest.noarch.rpm
  2. --register オプションで Subscription Manager を起動するとすぐに登録画面が開きます。
    [root@server ~]# subscription-manager-gui --register
  3. I will use an Activation Key を選択して Next をクリックします。
  4. システムを追加する組織名、アクティベーションキーの値 (英数字の文字列)、オンプレミスアプリケーションのエントリーに使用するシステム名を入力します。
  5. Register をクリックします。