第2章 Subscription Manager でサブスクリプションの登録、割り当て、および削除

Red Hat 製品のサポートを受けるには、システムを登録してサブスクリプションを割り当てる必要があります。ユーザーシステムは、マシンの初回起動時、またはマシンの設定後に Red Hat Subscription Management に登録できます。また、その製品でシステムを管理する必要がなくなった場合は、システムの登録を解除することもできます。

2.1. Subscription Manager ユーザーインターフェースでシステムの登録およびサブスクリプションの割り当て

  1. Subscription Manager ユーザーインターフェースを開きます。
    [root@server ~]# subscription-manager-gui
  2. 登録する製品を選択し、Register ボタンをクリックします。
  3. Subscription Manager は、デフォルトで、Red Hat カスタマーポータルにシステムを登録します。別の登録プロキシーを使用する場合は、ここで設定します。先に進む準備ができたら、Register ボタンをクリックします。
  4. Red Hat カスタマーポータルに信用情報を入力し、アカウントに割り当てられている別のシステムと区別するために、そのシステムの名前を入力します。Register をクリックします。
  5. Attach をクリックして、システムをアカウントに割り当てます。デフォルトでは、Subscription Manager によって、システムアーキテクチャーに一致するサブスクリプションにシステムが自動的に割り当てられます。

注記

システムを自動登録する際に、サブスクリプションサービスは、システムが物理または仮想かどうかと、システムのソケット数を確認します。
  • 通常、物理システムはエンタイトルメントを 2 つ使用し、仮想システムは 1 つ使用します。
  • システムのソケット 2 つに対して、エンタイトルメントが 1 つ使用されます。