第3章 Red Hat Gold Image の使用

Red Hat Gold Images を使用すると、AWS で Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを使用してインスタンスを迅速かつ簡単にデプロイできます。これらの事前にビルドされた認定イメージは、お使いのコンソールまたは CLI に提供され、数回のクリックでデプロイできます。

3.1. Red Hat Gold Image の基本

Red Hat Gold Image は、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) を介してアップデートを受け取るため、更新コンテンツを受け取るために Red Hat Subscription Management または Satellite にチェックインする必要はありません。ただし、これらは引き続きエンタイトルメントを使用します。

Gold Image をコピーまたは変更すると、作成されたイメージスナップショットは将来のインスタンスにデプロイされるときに RHUI に接続されなくなり、更新またはサポートを受け取るために Red Hat Subscription Management、Satellite、または別のサブスクリプション管理ツールに接続する必要があります。

Red Hat および CCSP が新しい Gold Image を公開すると、これらはお使いの CCSP アカウントで利用可能になります。Gold Images の今後のバージョンへのアクセスを取得するために何か行う必要はありません。

3.1.1. AWS での Red Hat Gold Image の命名および特定

AWS で Red Hat Enterprise Linux AMI を検索して起動する方法は複数あります。これには、EC2 マネジメントコンソール、AWS CLI、および PowerShell Cmdlet が含まれます。AWS の Red Hat AMI の命名規則は以下のとおりです。

  • 最初の GA AMI リリース: [Red Hat Product]-[Version]-[Virtualization Type]_[Red Hat Release Type]-[Release Date]-[Minor Version Release AMI Iteration]-[Subscription Model]-[EBS Volume Type]
  • 最初の GA AMI リリース後: [Red Hat Product]-[Version]-[Virtualization Type]-[Release Date]-[Minor Version Release AMI Iteration]-[Subscription Model]-[EBS Volume Type]
  • Red Hat Gold Image には、サブスクリプションモデルを表す AMI 名に Access の指定があります。

Red Hat Gold Images は所有者 ID 309956199498 で公開されます。イメージを選択する際に、この所有者 ID を見つけることで、公式の Red Hat Gold Image を使用していることを確認することができます。

3.1.2. AWS EC2 マネジメントコンソールへの Red Hat Gold Image の検索

EC2 マネジメントコンソール を使用している場合は、左側のナビゲーションペインの IMAGES セクションの下にある AMI 用のメニュー項目があります。このビューでは、プライベートイメージの指定を使用すると、登録中に提供された AWS アカウントと共有されている Red Hat Gold Image が表示されます。 * EC2管理コンソールのこのセクションで、Owner : 309956199498 を追加することができます。表示される AMI を、Cloud Access への登録後に AWS アカウントと共有されたものに制限します。* Red Hatが使用する AMI 名のさまざまな側面 (AMI Name : RHEL, AMI Name : RHEL-Atomic, AMI Name : 7.3 など) を表すフィルターを追加して、表示された AMI のリストにさらにフィルターを設定することもできます。

EC2 管理コンソール の EC2 ダッシュボードセクションから Launch Instance ボタンを使用し、My AMIs を選択した後、Shared with me フィルターはリストされた AMI にフィルターを設定し、登録時に提供された AWS アカウントと共有されている Red Hat Gold Image を表示します。

EC2 管理コンソール の EC2 ダッシュボードセクションから Launch Instance ボタンを使用し、My AMIs を選択した後、Shared with me フィルターはリストされた AMI にフィルターを設定し、登録時に提供された AWS アカウントと共有されている Red Hat Gold Image を表示します。

3.1.3. AWS コマンドラインインターフェースを使用した Red Hat Gold Image の検索

このサンプルコマンドは、AWS CLI を使用した Cloud Access での登録時に指定した AWS アカウントと共有された、US-East-1 リージョンの RHEL 7.3 AMI をすべて表示します。AWS CLI コマンドリファレンス は、利用可能なオプション、コマンド、サブコマンド、およびパラメーターに関する補足ドキュメントを提供します。

$ aws ec2 describe-images --owners 309956199498 \
> --filters "Name=is-public,Values=false" \
> "Name=name,Values=RHEL*7.3*GA*Access*" \
> --region us-east-1

3.1.4. AWS PowerShell Cmdlet での Red Hat Gold Image の検索

このサンプルコマンドは、AWS Tools for Cmdlet を使用して Cloud Access での登録時に指定した AWS アカウントと共有された、US-East-1 リージョンの RHEL 7.3 AMI をすべて表示します。AWS Tools for Cmdlet Reference は、PowerShell に関する補足ドキュメントを提供します。

PS > Get-EC2Image -Region us-east-1 `
>> -Owner 309956199498 -Filter `
>> @{ Name="name" ; Values="RHEL*7.3*GA*Access*" }

3.1.5. AWS での Gold Image の関連情報