2.2. 移行ツールのインストール

virt-limit=unlimited のサブスクリプション (例: データセンター) がある場合には、RHN から RHSM に移行する前に virt-who を設定する必要があります。移行する前に virt-who を設定しておかないと、virt-who を必要とするサブスクリプションを使用するシステムでリポジトリーやサブスクリプションが利用できなくなる場合があります。
RHEL 6 または RHEL 7 を実行しているシステムでは、カスタマーポータル で自動設定ツール virt-who が利用できます。
移行ツールは、subscription-manager-migration パッケージに含まれています。追加パッケージである subscription-manager-migration-data は、RHN クラシックチャンネルをカスタマーポータルのサブスクリプション管理の製品証明書にマッピングするために必要になります。
  1. 移行ツールとデータは通常、Red Hat Enterprise Linux 5 または 6 の主要チャンネルにありますが、オプションまたは補助チャンネルにある場合もあります。以下のように、yum search を実行して、パッケージが利用可能であることを確認します。
    [root@server ~]# yum search subscription-manager-migration -v
    Not loading "rhnplugin" plugin, as it is disabled
    Loading "product-id" plugin
    Loading "refresh-packagekit" plugin
    Loading "security" plugin
    Loading "subscription-manager" plugin
    Updating certificate-based repositories.
    
    ================= N/S Matched: subscription-manager-migration ==================
    subscription-manager-migration.x86_64 : Migration scripts for moving to
                                          : certificate based subscriptions
    Repo        : rhel-6-server-rpms
    
    subscription-manager-migration-data.noarch : RHN Classic to RHSM migration data
    Repo        : rhel-6-server-rpms
    必要な場合は、移行 RPM を含む補助リポジトリーを有効にします。
    [root@server ~]# subscription-manager repos --enable rhel-6-server-optional-rpms
  2. 移行ツールのパッケージをインストールします。
    [root@server ~]# yum install subscription-manager-migration subscription-manager-migration-data