1.2. Software Collections とは

Software Collections を使用すると、システムに同じソフトウェアコンポーネントの複数のバージョンを構築し、同時にインストールできます。Software Collections は、従来の RPM パッケージ管理ユーティリティーによってインストールされるパッケージのシステムバージョンには影響を与えません。

Software Collections

システムファイルを上書きしない
Software Collections は、複数のコンポーネントセットとして配布され、システムファイルを上書きせずに完全な機能を提供します。
システムファイルとの競合を避けるように設計されています。
Software Collections は、単一の Software Collection とベースシステムインストールの競合を避けるために、特別なファイルシステム階層を利用します。
RPM パッケージマネージャーへの変更を必要としません。
Software Collections では、ホストシステムに存在する RPM パッケージマネージャーを変更する必要はありません。
spec ファイルへのマイナーな変更のみが必要
従来のパッケージを単一の Software Collection に変換するには、パッケージ spec ファイルにマイナーな変更を加えるだけで済みます。
1 つのスペックファイルで従来のパッケージと Software Collection パッケージを構築できるようにします。
従来のパッケージと Software Collection パッケージの両方を構築できます。
含まれるすべてのパッケージの一意に名前を付ける
Software Collection の名前空間では、Software Collection に含まれるすべてのパッケージが一意に名前が付けられます。
更新されたパッケージと競合しないようにしてください。
Software Collection の名前空間により、システムでパッケージを更新すると競合が発生することはありません。
他の Software Collections に依存
1 つの Software Collection は他のソフトウェアコレクションに依存する可能性があるため、複数の依存関係レベルを定義できます。