1.3.4. MySQL の変更点

新しい rh-mysql80 Software Collection には MySQL 8.0.13 が含まれ、多くの新しいセキュリティーおよびアカウント管理機能および機能強化が追加されました。以下は、主な変更点です。
  • MySQL に、データベースオブジェクトに関する情報を格納するtransactional data dictionaryが組み込まれました。
  • MySQLロールに対応するようになりました。ロールは特権のコレクションです。
  • デフォルトの文字セットが、latin1 から utf8mb4 に変更しました。
  • 非再帰的および再帰的な common table expressions に対応するようになりました。
  • MySQL が、クエリーで関連する行の集合に対して、行ごとに計算を実行する window functions に対応するようになりました。
  • locking read ステートメントにより、InnoDB で、NOWAIT および SKIP LOCKED オプションに対応するようになりました。
  • GIS 関連の関数が改善しました。
  • JSON 関数が強化されました。
詳細な変更は、アップストリームのドキュメント What Is New in MySQL 8.0 および Changes in MySQL 8.0 を参照してください。
移行手順については、「MySQL 8.0 への移行」 を参照してください。

アップストリームの MySQL 8.0rh-mysql80の主な違い。

  • Red Hat Enterprise Linux 7 のクライアントツールおよびライブラリーは、アップストリームの MySQL 8.0 バージョンでデフォルトで使用されている caching_sha2_password メソッドと互換性がないため、rh-mysql80 Software Collection が提供する MySQL 8.0 サーバーは、mysql_native_password をデフォルトの認証プラグインとして使用します。
    デフォルトの認証プラグインを caching_sha2_password に変更するには、/etc/opt/rh/rh-mysql80/my.cnf.d/mysql-default-authentication-plugin.cnf ファイルを次のように変更します。
    [mysqld]
    default_authentication_plugin=caching_sha2_password
    caching_sha2_password 認証プラグインの詳細は、アップストリームのドキュメント を参照してください。
  • rh-mysql80 Software Collection には、rh-mysql80-mysql-config-syspaths パッケージ、rh-mysql80-mysql-server-syspaths パッケージ、および rh-mysql80-mysql-syspaths パッケージをインストールする rh-mysql80-syspaths パッケージが含まれます。これらのサブパッケージは、バイナリー、スクリプト、man ページなどのシステム全体のラッパーを提供します。rh-mysql80*-syspaths パッケージのインストール後には、rh-mysql80* パッケージが提供するバイナリーおよびスクリプトの正しい機能に scl enable コマンドを使用する必要はありません。*-syspaths パッケージは、ベースの Red Hat Enterprise Linux システムと rh-mariadb102 Software Collection から対応するパッケージと競合することに注意してください。