5.2.2. rh-mysql80 Software Collection へのアップグレード

重要
アップグレードする前に、MySQL データベースを含むすべてのデータのバックアップを作成します。
  1. rh-mysql80 Software Collection をインストールします。
    yum install rh-mysql80-mysql-server
  2. /etc/opt/rh/rh-mysql80/my.cnf ファイルおよび /etc/opt/rh/rh-mysql80/my.cnf.d/ ディレクトリーに保存されている rh-mysql80 の設定を検証します。これを /etc/opt/rh/rh-mysql57/my.cnf/etc/opt/rh/rh-mysql57/my.cnf.d/ に保存されている rh-mysql57 の設定と比較して、必要に応じて調整します。
  3. rh-mysql57 データベースサーバーが実行している場合は停止します。
    systemctl stop rh-mysql57-mysqld.service
  4. rh-mysql57 Software Collection のすべてのデータは /var/opt/rh/rh-mysql57/lib/mysql/ ディレクトリーに保存されます。このディレクトリーのすべての内容を /var/opt/rh/rh-mysql80/lib/mysql/ にコピーします。コンテンツを移動することもできますが、アップグレードを続行する前にデータのバックアップを作成することを忘れないようにしてください。
  5. rh-mysql80 データベースサーバーを起動します。
    systemctl start rh-mysql80-mysqld.service
  6. データ移行を実行します。
    scl enable rh-mysql80 mysql_upgrade
    root ユーザーに空ではないパスワードが定義されている場合 (パスワードを定義しておく必要あり) は、-p オプションを指定して mysql_upgrade ユーティリティーを呼び出してパスワードを指定する必要があります。
    scl enable rh-mysql80 -- mysql_upgrade -p
    rh-mysql80*-syspaths パッケージのインストール時には、scl enable コマンドは必要ありません。ただし、*-syspaths パッケージは、ベースの Red Hat Enterprise Linux システムと rh-mariadb102 Software Collection から対応するパッケージと競合します。