第1章 Red Hat Software Collections 3.2

この章では、Red Hat Software Collections 3.2 のコンテンツセットの概要を説明します。これは、コンポーネントとその説明、このバージョンの変更の概要、関連互換性情報のドキュメント、および既知の問題を一覧表示します。

1.1. Red Hat Software Collections について

アプリケーションによっては、最新の新機能を使用するために、より新しいバージョンのソフトウェアコンポーネントが必要になることがあります。Red Hat Software Collections は、基本的な Red Hat Enterprise Linux システムに含まれる同等のバージョンよりも新しい、またはこのシステムで最初に利用可能になった動的プログラミング言語、データベースサーバー、およびさまざまな関連パッケージのセットを提供する Red Hat 製品です。
Red Hat Software Collections 3.2 は Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能であり、選択された新しいコンポーネントおよび以前にリリースされたコンポーネントは Red Hat Enterprise Linux 6 でも利用可能です。Red Hat Software Collections の一部として配布されるコンポーネントの一覧と、その機能の概要は 「主な特長」 を参照してください。
Red Hat Software Collections では、Red Hat Enterprise Linux 6 または Red Hat Enterprise Linux 7 で提供されるデフォルトのシステムツールは置き換えられません。その代わりに、並列のツールセットが /opt/ ディレクトリーにインストールされ、提供された scl ユーティリティーを使用してユーザーがアプリケーションごとにオプションで有効にできます。たとえば、Perl または PostgreSQL のデフォルトのバージョンは、ベース Red Hat Enterprise Linux システムが提供するバージョンのままになります。
すべての Red Hat Software Collections コンポーネントは、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション契約で完全にサポートされ、機能的に完全で、実稼働環境での使用を目的としています。重要なバグ修正とセキュリティーエラータは、Red Hat Enterprise Linux と同様に、各メジャーバージョンのリリースから少なくとも 2 年間は Red Hat Software Collections サブスクライバーに発行されます。各メジャーリリースストリームでは、選択したコンポーネントの各バージョンは後方互換性を維持します。個別コンポーネントのサポート期間の詳細は、Red Hat Software Collections Product Life Cycle を参照してください。

1.1.1. Red Hat Developer Toolset

Red Hat Developer Toolset は、個別の Software Collection として同梱される Red Hat Software Collections の一部です。Red Hat Developer Toolset の詳細は、Red Hat Developer Toolset リリースノート および Red Hat Developer Toolset ユーザーガイド を参照してください。