第2章 インストール

本章では、コンテンツセットへのアクセス方法、システムへの Red Hat Software Collections 3.0 のインストール方法、および Red Hat Software Collections の再構築方法について詳しく説明します。

2.1. Red Hat Software Collections へのアクセス

Red Hat Software Collections コンテンツセットは、https://access.redhat.com/solutions/472793に記載されている Red Hat Enterprise Linux 6 および Red Hat Enterprise Linux 7 サブスクリプションをご利用いただけます。Red Hat Enterprise Linux システムを登録したサブスクリプション管理サービスに応じて、Red Hat Subscription Management を使用して Red Hat Software Collections を有効にするか、RHN Classic を使用して Red Hat Software Collections を有効にすることができます。RHN Classic または Red Hat Subscription Management を使用して Red Hat Software Collections を有効にする方法の詳細な手順については、以下の各セクションを参照してください。システムをこれらのサブスクリプション管理サービスのいずれかに登録する方法については、Using and Configuring Red Hat Subscription Managerを参照してください。
Red Hat Software Collections 2.2 以降、Red Hat Software Collections および Red Hat Developer Toolset のコンテンツは、(特に Server および Workstation 向けに) https://access.redhat.com/downloads にて ISO 形式でも提供されています。なお、「オプションチャンネルからのパッケージ」 に掲載されている Optional チャネルを必要とするパッケージは、ISO イメージからはインストールできません。
注記
Optional チャネルを必要とするパッケージは、ISO イメージからはインストールできません。Optional チャネルの有効化を必要とするパッケージのリストは、「オプションチャンネルからのパッケージ」 に記載されています。
ベータコンテンツは ISO 形式では使用できません。

2.1.1. Red Hat Subscription Management の使用

システムが Red Hat Subscription Management に登録されている場合は、以下の手順を実施して、Red Hat Software Collections のリポジトリーへのアクセスを提供するサブスクリプションを割り当て、リポジトリーを有効にします。
  1. システムで利用可能なサブスクリプションのリストを表示し、Red Hat Software Collections を提供するサブスクリプションのプール ID を判別します。これを行うには、root で次のコマンドを実行します。
    subscription-manager list --available
    このコマンドは、使用可能なサブスクリプションごとに、その名前、一意の識別子、有効期限、およびそれに関連するその他の詳細を表示します。プール ID は、Pool Id で始まる行にリスト表示されます。
  2. root で以下のコマンドを実行して、適切なサブスクリプションをシステムに割り当てます。
    subscription-manager attach --pool=pool_id
    pool_id を、直前のステップで確認したプール ID に置き換えます。システムに割り当てているサブスクリプションのリストを随時確認するには、root で以下を入力します。
    subscription-manager list --consumed
  3. 利用可能な Yum list リポジトリーのリストを表示して、リポジトリーメタデータを取得し、Red Hat Software Collections リポジトリーの正確な名前を決定します。root で以下のコマンドを実行します。
    subscription-manager repos --list
    または、yum repolist all を簡単なリストに対して実行します。
    リポジトリー名は、使用している Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なり、以下のフォーマットに基づいています。
    rhel-variant-rhscl-6-rpms
    rhel-variant-rhscl-6-debug-rpms
    rhel-variant-rhscl-6-source-rpms
    
    rhel-server-rhscl-6-eus-rpms
    rhel-server-rhscl-6-eus-source-rpms
    rhel-server-rhscl-6-eus-debug-rpms
    
    rhel-variant-rhscl-7-rpms
    rhel-variant-rhscl-7-debug-rpms
    rhel-variant-rhscl-7-source-rpms
    
    rhel-server-rhscl-7-eus-rpms
    rhel-server-rhscl-7-eus-source-rpms
    rhel-server-rhscl-7-eus-debug-rpms
    variant を、Red Hat Enterprise Linux システムのバリアント (つまり server または workstation に置き換えます。Red Hat Software Collections は、Client または ComputeNode バリアントではサポートされないことに注意してください。
  4. root で以下のコマンドを実行して、適切なリポジトリーを有効にします。
    subscription-manager repos --enable repository
サブスクリプションがシステムに割り当てられたら、「Red Hat Software Collections のインストール」の説明に従って Red Hat Software Collections をインストールできます。Red Hat Subscription Management を使用してシステムを登録し、サブスクリプションに関連付ける方法は、Using and Configuring Red Hat Subscription Managerを参照してください。

2.1.2. RHN Classic の使用

重要
Red Hat は RHN UI を停止しました。お客様におかれましては、ご契約のサポートを継続するために、RHSM への移行を推奨いたします。2017 年 10 月 31 日をもって、お客様が RHN Hosted に登録することはできなくなります。d2018 年 3 月 31 日をもって、お客様は RHN Hosted からの更新を受け取れなくなります。
ご使用のシステムが RHN Classic に登録されている場合は、以下の手順で Red Hat Software Collections を購読してください。
  1. 利用可能なすべてのチャンネルのリストを表示し、Red Hat Software Collections チャンネルの正確な名前を決定します。これを行うには、root で次のコマンドを実行します。
    rhn-channel --available-channels
    チャネルの名前は、使用している Red Hat Enterprise Linux の特定のバージョンによって異なり、次の形式になります。ここでは、variant は Red Hat Enterprise Linux システムバリアント (サーバー または ワークステーション) に置き換えます。
    rhel-x86_64-variant-6-rhscl-1
    
    rhel-x86_64-server-6.5.z-rhscl-1
    rhel-x86_64-server-6.6.z-rhscl-1
    
    rhel-x86_64-variant-7-rhscl-1
    
    rhel-x86_64-server-7.1.eus-rhscl-1
    Red Hat Enterprise Linux 7 チャンネルは、Red Hat Satellite インスタンスからのみアクセス可能です。
    注記
    Red Hat Software Collections 2.x は Red Hat Software Collections 1.x と同じチャネルで配布されています。
  2. root として次のコマンドを実行して、システムを Red Hat Software Collections チャネルにサブスクライブします。
    rhn-channel --add --channel=channel_name
    channel_nameは、前のステップで決定した名前に置き換えてください。
  3. 自分が登録しているチャンネルのリストを確認します。root で以下のコマンドを実行します。
    rhn-channel --list
システムがサブスクライブされると、「Red Hat Software Collections のインストール」 で説明されているように、Red Hat Software Collections をインストールすることができます。システムを RHN Classic に登録する方法の詳細については、Using and Configuring Red Hat Subscription Managerを参照してください。

2.1.3. オプションチャンネルからのパッケージ

Red Hat Software Collections 3.0 パッケージの中には、パッケージの完全なインストールを完了するために、Optional チャネルの有効化を必要とするものがあります。システムをこのチャンネルにサブスクライブする方法の詳細については、Red Hat Subscription Management の場合はhttps://access.redhat.com/solutions/392003、システムが RHN Classic に登録されている場合はhttps://access.redhat.com/solutions/70019 の関連ナレッジベース記事を参照してください。
Optional チャネルの有効化を必要とする Red Hat Enterprise Linux 6 の Software Collections パッケージを以下の表に示します。

表2.1 Red Hat Enterprise Linux 6 の Optional チャネルの有効化を必要とするパッケージ

Software Collection のパッケージOptional チャネルの必須パッケージ
devtoolset-6-dyninst-testsuiteglibc-static
devtoolset-7-dyninst-testsuiteglibc-static
rh-git29-git-allcvsps
rh-git29-git-cvscvsps
rh-git29-perl-Git-SVNperl-YAML、subversion-perl
rh-mariadb101-boost-devellibicu-devel
rh-mariadb101-boost-exampleslibicu-devel
rh-mariadb101-boost-staticlibicu-devel
rh-mongodb30upg-boost-devellibicu-devel
rh-mongodb30upg-boost-exampleslibicu-devel
rh-mongodb30upg-boost-staticlibicu-devel
rh-mongodb30upg-yaml-cpp-devellibicu-devel
rh-mongodb32-boost-devellibicu-devel
rh-mongodb32-boost-exampleslibicu-devel
rh-mongodb32-boost-staticlibicu-devel
rh-mongodb32-yaml-cpp-devellibicu-devel
rh-mongodb34-boost-devellibicu-devel
rh-mongodb34-boost-exampleslibicu-devel
rh-mongodb34-boost-staticlibicu-devel
rh-mongodb34-yaml-cpp-devellibicu-devel
rh-php56-php-imaplibc-client
rh-php56-php-recoderecode
rh-php70-php-imaplibc-client
rh-php70-php-recoderecode
Red Hat Enterprise Linux 7 の Optional チャネルを必要とする Software Collections パッケージを以下の表に示します。

表2.2 Red Hat Enterprise Linux 7 の Optional チャネルの有効化を必要とするパッケージ

Software Collection のパッケージOptional チャネルの必須パッケージ
devtoolset-7-dyninst-testsuiteglibc-static
devtoolset-7-gcc-plugin-devellibmpc-devel
httpd24-mod_ldapapr-util-ldap
rh-eclipse46ruby-doc
rh-eclipse46-eclipse-dltk-rubyruby-doc
rh-eclipse46-eclipse-dltk-sdkruby-doc
rh-eclipse46-eclipse-dltk-testsruby-doc
rh-git29-git-allcvsps
rh-git29-git-cvscvsps
rh-git29-perl-Git-SVNsubversion-perl
rh-perl520-perl-Pod-Perldocgroff
Optional チャネルのパッケージはサポート対象外であることに注意してください。詳細は、ナレッジベースの記事 https://access.redhat.com/articles/1150793 を参照してください。

2.2. Red Hat Software Collections のインストール

Red Hat Software Collections は、Red Hat Enterprise Linux に含まれる標準のパッケージ管理ツールを使用して、インストール、更新、アンインストールが可能な RPM パッケージのコレクションとして配布されます。Red Hat Software Collections をシステムにインストールするには、有効なサブスクリプションが必要です。システムを適切なサブスクリプションに関連付け、Red Hat Software Collections にアクセスする方法は、「Red Hat Software Collections へのアクセス」 を参照してください。
Red Hat Software Collections 3.0 を使用するには、ベータリリースを含む以前のプレリリースバージョンを削除する必要があります。以前のバージョンの Red Hat Software Collections 3.0 をインストールしていた場合は、システムからアンインストールし、「Red Hat Software Collections のアンインストール」 および「Software Collection の個別インストール」 セクションで説明されているように新しいバージョンをインストールしてください。
Red Hat Enterprise Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux 7 へのインプレースアップグレードは、Red Hat Software Collections ではサポートされていません。したがって、アップグレード後にインストールされた Software Collections が正しく動作しない可能性があります。Red Hat Enterprise Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux 7 にアップグレードする場合は、すべての Red Hat Software Collections パッケージを削除し、インプレースアップグレードを実行し、Red Hat Software Collections リポジトリーを更新し、再度 Software Collections パッケージをインストールすることが強く推奨されます。アップグレードする前に、すべてのデータのバックアップを作成することが推奨されます。

2.2.1. Software Collection の個別インストール

表1.1「Red Hat Software Collections 3.0 Components」 に記載されている Software Collection をインストールするには、シェルプロンプトで root として次のように入力して、対応するメタパッケージをインストールします。
yum install software_collection...
software_collection を、インストールする Software Collections のスペース区切りリストに置き換えます。たとえば、php54 および rh-mariadb100 をインストールし、root として以下を入力します。
~]# yum install rh-php56 rh-mariadb100
これにより、選択した Software Collection のメインメタパッケージと、必要なパッケージの依存関係がインストールされます。追加モジュールなどの追加パッケージをインストールする方法は、「オプションパッケージのインストール」 を参照してください。

2.2.2. オプションパッケージのインストール

Red Hat Software Collections の各コンポーネントは、デフォルトでインストールされていない複数のオプションパッケージとともに配布されます。特定の Software Collection に含まれていて、システムにインストールされていないパッケージのリストを表示するには、シェルプロンプトで次のコマンドを実行します。
yum list available software_collection-\*
これらのオプションのパッケージのいずれかをインストールするには、root で以下を入力します。
yum install package_name...
package_name を、インストールするパッケージのリストに置き換えます。例えば、rh-perl520-perl-CPANrh-perl520-perl-Archive-Tar をインストールするには、次のように入力します。
~]# yum install rh-perl524-perl-CPAN rh-perl524-perl-Archive-Tar

2.2.3. デバッグ情報のインストール

Red Hat Software Collections パッケージのデバッグ情報をインストールするには、yum-utils パッケージがインストールされていることを確認し、root で以下のコマンドを入力します。
debuginfo-install package_name
例えば、rh-ruby22-ruby パッケージのデバッグ情報をインストールするには、次のように入力します。
~]# debuginfo-install rh-ruby22-ruby
このコマンドを使用するには、このパッケージを使用してリポジトリーにアクセスする必要があります。システムが Red Hat Subscription Management に登録されている場合は、「Red Hat Subscription Management の使用」 で説明しているように、rhel-variant-rhscl-6-debug-rpms または rhel-variant-rhscl-7-debug-rpms リポジトリーを有効化します。ご使用のシステムが RHN Classic に登録されている場合は、「RHN Classic の使用」 で説明されているように、システムを rhel-x86_64-variant-6-rhscl-1-debuginfo または rhel-x86_64-variant-7-rhscl-1-debuginfo チャネルにサブスクライブします。debuginfo パッケージへのアクセス方法はhttps://access.redhat.com/solutions/9907を参照してください。

2.3. Red Hat Software Collections のアンインストール

Software Collections コンポーネントをアンインストールするには、root で次のコマンドを実行します。
yum remove software_collection\*
software_collection を、アンインストールする Software Collection コンポーネントに置き換えます。
Red Hat Software Collections が提供するパッケージをアンインストールしても、これらのツールの Red Hat Enterprise Linux システムバージョンには影響がないことに注意してください。

2.4. Red Hat Software Collections の再構築

<collection>-build パッケージはデフォルトでは提供されません。コレクションを再構築して、rpmbuild --define 'scl foo' コマンドを使用しない場合には、最初にメタパッケージを再構築する必要があります。これにより、<collection>-build パッケージが提供されます。
既存のコレクションは、異なる内容で再構築しないでください。既存のコレクションに新しいパッケージを追加するには、新しいパッケージを含む新しいコレクションを作成し、元のコレクションからのパッケージに依存する必要があります。元のコレクションは、変更せずに使用する必要があります。
Software Collections のビルドに関する詳細は、Red Hat Software Collections パッケージガイド を参照してください。