Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第11章 管理コンソールへのアクセス制御

Red Hat Single Sign-On で作成された各レルムには、そのレルムを管理できる専用の管理コンソールがあります。master レルムは、管理者がシステムで複数のレルムを管理できるようにする特別なレルムです。異なるレルムでユーザーへの詳細なアクセスを定義して、サーバーを管理することもできます。本章では、このシナリオをすべて実施します。

11.1. マスターレルムアクセス制御

Red Hat Single Sign-On の master レルムは特別なレルムで、他のレルムとは異なる処理を行います。Red Hat Single Sign-On master レルムのユーザーは、Red Hat Single Sign-On サーバーにデプロイされるゼロ以上のレルムを管理するパーミッションを付与できます。レルムが作成されると、Red Hat Single Sign-On は、その新しいレルムにアクセスするための詳細な権限を付与するさまざまなロールを自動的に作成します。管理コンソールおよび管理 REST エンドポイントへのアクセスは、これらのロールを master レルムのユーザーにマッピングすることで制御できます。特定のレルムのみを管理できるユーザーは、複数のスーパーユーザーを作成することができます。

11.1.1. グローバルロール

master レルムには、2 つのレルムレベルのロールがあります。以下のとおりです。

  • admin
  • create-realm

admin ロールを持つユーザーはスーパーユーザーであり、サーバー上のレルムを管理するためにフルアクセスできます。create-realm ロールを持つユーザーは、新しいレルムを作成できます。このユーザーは、作成する新しいレルムに完全アクセスできます。

11.1.2. レルム固有のロール

master レルム内の管理者ユーザーには、システムの他のレルムに対して管理権限を付与できます。Red Hat Single Sign-On の各レルムは、master レルムのクライアントで表されます。クライアントの名前は <realm name>-realm です。これらのクライアントには、クライアントレベルのロールが定義されており、個別のレルムを管理するアクセスレベルを定義します。

利用可能なロールは以下のとおりです。

  • view-realm
  • view-users
  • view-clients
  • view-events
  • manage-realm
  • manage-users
  • create-client
  • manage-clients
  • manage-events
  • view-identity-providers
  • manage-identity-providers
  • impersonation

ユーザーに必要なロールを割り当てると、管理コンソールのその特定の部分のみを使用できます。

重要

manage-users ロールを持つユーザー管理者は、admin ロールを所有したユーザーにのみ割り当てることができます。したがって、admin に manage-users ロールがあり、manage-realm ロールがない場合、このロールを割り当てることができます。