Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第18章 管理 CLI

Red Hat Single Sign-On では、管理 CLI コマンドラインツールを使用して、コマンドラインインターフェース (CLI) から管理タスクを実行できます。

18.1. 管理 CLI のインストール

Red Hat Single Sign-On は、bin ディレクトリーの実行スクリプトを使用して、管理 CLI サーバーのディストリビューションをパッケージ化します。

Linux スクリプトは kcadm.sh と呼ばれ、Windows のスクリプトは kcadm.bat と呼ばれます。Red Hat Single Sign-On サーバーディレクトリーを PATH に追加し、ファイルシステム上の任意の場所からクライアントを使用できます。

以下に例を示します。

  • Linux:
$ export PATH=$PATH:$KEYCLOAK_HOME/bin
$ kcadm.sh
  • Windows:
c:\> set PATH=%PATH%;%KEYCLOAK_HOME%\bin
c:\> kcadm
注記

Red Hat Single Sign-On Server ディストリビューションを抽出したパスに KEYCLOAK_HOME 環境変数を設定する必要があります。

繰り返し実行しないように、本書の残りの部分では、CLI の相違点が kcadm コマンド名ではなく、Windows の例のみが説明されています。