Menu Close

第11章 Red Hat Single Sign-On Operator

Red Hat Single Sign-On Operator は、OpenShift での Red Hat Single Sign-On の管理を自動化します。この Operator を使用して、管理タスクを自動化するカスタムリソース (CR) を作成します。たとえば、Red Hat Single Sign-On 管理コンソールでクライアントまたはユーザーを作成する代わりに、カスタムリソースを作成して、これらのタスクを実行することができます。カスタムリソースは、管理タスクのパラメーターを定義する YAML ファイルです。

カスタムリソースを作成して、以下のタスクを実行できます。

注記

レルム、クライアント、およびユーザーにカスタムリソースを作成したら、Red Hat Single Sign-On 管理コンソールを使用するか、oc コマンドを使用したカスタムリソースとして管理できます。ただし、Operator は変更するカスタムリソースに対して 1 つの方法を同期するため、両方の方法を使用することはできません。たとえば、レルムカスタムリソースを変更すると、管理コンソールで変更が表示されます。ただし、管理コンソールを使用してレルムを変更する場合、これらの変更はカスタムリソースには影響を与えません。

クラスターへの Red Hat Single Sign-On Operator のインストールによる Operator の使用を開始します。

11.1. クラスターへの Red Hat Single Sign-On Operator のインストール

Red Hat Single Sign-On Operator をインストールするには、以下を使用できます。

11.1.1. Operator Lifecycle Manager を使用したインストール

前提条件

  • cluster-admin パーミッション、または管理者によって付与される同等のレベルのパーミッションがある。

手順

OpenShift クラスターで以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールを開きます。
  2. 左側の列で、Operators, OperatorHub をクリックします。
  3. Red Hat Single Sign-On Operator を検索します。

    OpenShift の OperatorHub タブ

    operator openshift operatorhub

  4. Red Hat Single Sign-On Operator アイコンをクリックします。

    Install ページが開きます。

    OpenShift への Operator Install ページ

    operator olm installation

  5. Install をクリックします。
  6. namespace を選択し、Subscribe をクリックします。

    OpenShift での namespace 選択

    installed namespace

    Operator はインストールを開始します。

関連資料

関連情報