Menu Close

9.2. デフォルトのアイデンティティープロバイダー

Red Hat Single Sign-Onは、ログインフォームを表示する代わりに、アイデンティティープロバイダーにリダイレクトすることができます。このリダイレクトを有効にするには、以下を実行します。

手順

  1. メニューで Authentication をクリックします。
  2. Browser フローをクリックします。
  3. ドロップダウンリストから Identity Provider Redirector を選択します。
  4. Default Identity Provider を、ユーザーをリダイレクトするアイデンティティープロバイダーに設定します。

Red Hat Single Sign-On が設定されたデフォルトのアイデンティティープロバイダーを見つけられない場合は、ログインフォームが表示されます。

このオーセンティケーターは、kc_idp_hint クエリーパラメーターを処理します。詳細は、「クライアントが推奨するアイデンティティープロバイダー」のセクションを参照してください。