Menu Close

3.7.2. ユーザーロケールの選択

ロケールセレクタープロバイダーは、利用可能な情報に関する最適なロケールを提案します。ただし、多くの場合は、ユーザーに不明です。このため、以前に認証されたユーザーのロケールは永続化されたクッキーに記憶されます。

ロケールを選択するには、以下の最初の項目を使用します。

  • User selected: ドロップダウンロケールセレクターを使用してロケールを選択するとき
  • User profile: 認証されたユーザーがあり、ユーザーにロケールセットが推奨されるとき
  • Client selected: ui_locales パラメーターなどを使用してクライアントにより渡される
  • Cookie: ブラウザーで選択した最後のロケール
  • 許可される言語: Accept-Language ヘッダーからのロケール
  • レルムのデフォルト
  • 上記のいずれでなければ、英語に戻ります。

ユーザーが認証されたとき、アクションがトリガーされ、前述の永続化されたクッキーでロケールを更新します。ユーザーがログインページのロケールセレクターでロケールをアクティブに切り替える場合は、この時点でユーザーロケールも更新されます。

ロケールを選択するロジックを変更する場合は、LocaleSelectorProvider を作成するオプションがあります。詳細は、『サーバー開発者ガイド』を参照してください。ユーザーが認証されると、前述の永続クッキーのロケールを更新するアクションがトリガーされます。ユーザーがログインページのロケールセレクターからロケールをアクティブに切り替えると、ユーザーのロケールもこの時点で更新されます。

ロケールを選択するロジックを変更する場合は、LocaleSelectorProvider を作成するオプションがあります。詳細は、『サーバー開発者ガイド』を参照してください。