Menu Close

6.5. 一時的なセッション

Red Hat Single Sign-On で一時的なセッションを実行できます。一時的なセッションを使用する場合、Red Hat Single Sign-On は認証に成功した後にユーザーセッションを作成しません。Red Hat Single Sign-On は、ユーザーを正常に認証する現在のリクエストのスコープに対して一時的な一時的なセッションを作成します。Red Hat Single Sign-On は、認証後に一時セッションを使用して プロトコルマッパー を実行できます。

一時的なセッションでは、クライアントアプリケーションはトークンを更新したり、トークンイントロスペクションしたり、特定のセッションを検証したりすることはできません。これらのアクションは不要な場合があるため、ユーザーセッションを永続化するための追加のリソースの使用を避けることができます。このセッションは、パフォーマンス、メモリー、ネットワーク通信 (クラスターおよびクロスデータセンター環境) のリソースを保存します。