Menu Close

4.3.6. LDAP ユーザーの Red Hat Single Sign-On への同期

Import Users オプションを設定すると、LDAP プロバイダーは LDAP ユーザーの Red Hat Single Sign-On ローカルデータベースへのインポートを処理します。ユーザーの初回ログイン時に、LDAP プロバイダーは LDAP ユーザーを Red Hat Single Sign-On データベースにインポートし、LDAP パスワードを検証します。この場合、Red Hat Single Sign-On がユーザーをインポートする場合のみ、ログインが初めてログインされます。管理コンソールの Users メニューをクリックし、View all users ボタンをクリックすると、少なくとも Red Hat Single Sign-On によって少なくとも 1 度認証された LDAP ユーザーのみが表示されます。Red Hat Single Sign-On はこの方法でユーザーをインポートするため、この操作は LDAP ユーザーデータベース全体のインポートをトリガーしません。

全 LDAP ユーザーを Red Hat Single Sign-On データベースに同期する場合は、LDAP プロバイダー設定ページで Sync Settings を設定し、有効にすることができます。

2 種類の同期が存在します。

定期的な完全同期 (Periodic Full)
このタイプは、すべての LDAP ユーザーを Red Hat Single Sign-On データベースに同期します。LDAP ユーザーはすでに Red Hat Single Sign-On にありますが、LDAP で利用でき、Red Hat Single Sign-On データベースで直接更新されます。
定期的な変更したユーザー同期 (Periodic Changed)
同期時に、Red Hat Single Sign-On は、最後の同期のみ後に作成または更新されたユーザーを作成または更新します。

同期する最適な方法として、LDAP プロバイダーの初回作成時にすべてのユーザーの同期をクリックし、変更したユーザーの定期的な同期を設定するのが最適です。