Menu Close

7.6. ロールマッピングのマッピング

OIDC アクセストークンまたは SAML アサーションの作成時に、ユーザーロールマッピングはトークンまたはアサーション内で要求されます。アプリケーションはこれらの要求を使用して、アプリケーションが制御するリソースにアクセスの決定を行います。Red Hat Single Sign-On は、アクセストークンとアプリケーションを再度使用して、リモートでセキュアな REST サービスを呼び出します。ただし、これらのトークンには関連するリスクがあります。攻撃者はこれらのトークンを取得し、パーミッションを使用してネットワークを危険にさらすことができます。この状況を防ぐには、Role Scope Mappings を使用します。

ロールスコープマッピングは、アクセストークン内に宣言されたロールを制限します。クライアントがユーザー認証を要求すると、受信するアクセストークンには、クライアントのスコープに対して明示的に指定されるロールマッピングのみが含まれます。その結果、すべてのユーザーのパーミッションにクライアントアクセスを付与するのではなく、個々のアクセストークンのパーミッションを制限するようになります。

デフォルトでは、各クライアントはユーザーのすべてのロールマッピングを取得します。各クライアントの Scope タブでロールマッピングを表示できます。

フルサポート

Full scope

デフォルトでは、スコープの有効なロールはすべてレルムで宣言されるロールです。このデフォルトの動作を変更するには、Full Scope AllowedON に切り替え、クライアントごとに必要な特定のロールを宣言します。クライアントスコープ を使用して、クライアントのセットに同じロールスコープマッピングを定義することもできます。

部分的なスコープ

Partial scope