Menu Close

6.2. 失効ポリシー

システムが危険にさらされたら、Sessions 画面の Revocation タブをクリックすると、アクティブなセッションおよびアクセストークンをすべて取り消すことができます。

取り消し

revocation

このコンソールを使用して、その時刻と日付よりも前に発行したセッションまたはトークンが無効である日時を指定できます。今すぐ Set をクリックして、ポリシーを現在の日時に設定します。Push をクリックし、この失効ポリシーを Red Hat Single Sign-On OIDC クライアントに登録されている OIDC クライアントにプッシュします。