Menu Close

9.11. 外部 IDP トークンの取得

Red Hat Single Sign-On を使用すると、IDP の設定ページで Store Token 設定オプションを使用して、外部 IDP との認証プロセスからのトークンと応答を保存できます。

アプリケーションコードは、これらのトークンと応答を取得し、追加のユーザー情報をインポートしたり、外部 IDP をを安全に要求したりすることができます。たとえば、アプリケーションは Google トークンを使用して他の Google サービスおよび REST API を使用できます。特定のアイデンティティープロバイダーのトークンを取得するには、以下のようにリクエストを送信します。

GET /auth/realms/{realm}/broker/{provider_alias}/token HTTP/1.1
Host: localhost:8080
Authorization: Bearer <KEYCLOAK ACCESS TOKEN>

アプリケーションは Red Hat Single Sign-On で認証し、アクセストークンを受け取る必要があります。このアクセストークンには broker クライアントレベルのロール read-token が設定されている必要があるため、ユーザーにこのロールのロールマッピングが必要であり、クライアントアプリケーションにはそのスコープ内でそのロールが必要です。この場合、Red Hat Single Sign-On の保護されたサービスにアクセスするため、ユーザー認証時に Red Hat Single Sign-On が発行するアクセストークンを送信します。ブローカー設定ページで、Stored Tokens Readable スイッチを ON に設定して、このロールを新たにインポートされたユーザーに割り当てることができます。

これらの外部トークンは、プロバイダーを介して再度ログインするか、またはクライアントが開始したアカウントリンク API を使用して再確立できます。