Menu Close

5.12.8. ユーザープロファイルへの移行

レルムにユーザープロファイル機能を有効にする前に、いくつかの重要な考慮事項に注意してください。属性メタデータを管理する単一の場所を提供することで、ユーザーや管理方法に設定できる属性は非常に厳しいものです。

ユーザー管理では、管理者はユーザープロファイル設定で定義された属性のみを管理できます。ユーザープロファイル設定で定義されておらず、ユーザープロファイル設定で定義されていない他の属性にはアクセスできません。ユーザーまたは管理者へ公開する必要のあるすべてのユーザー属性で、ユーザープロファイル設定を更新することが推奨されます。

ユーザー情報をクエリーするために、ユーザー REST API にアクセスする場合も同じ推奨事項が適用されます。

LDAP_IDLDAP_ENTRY_DNKERBEROS_ PRINCIPAL などの Red Hat Single Sign-On 内部ユーザー属性に関しては、これらの属性をユーザープロファイル設定の属性としてアクセスできるようにする必要があります。表示可能な属性は管理者だけなので、管理コンソールを使用してユーザー属性を管理する場合や、ユーザー API でユーザーのクエリーを行う際には、この属性を表示可能としてマークすることが推奨されます。

そのため、レガシーテンプレート (ユーザー root 属性でハードコード化) へのカスタマイズがある場合、ユーザーに表示されるフォームをレンダリングする場合、これらのフォームを動的にレンダリングする新規テンプレートは使用されません。理想的には、テンプレートへのカスタマイズは回避し、これらの新規テンプレートが提供する動作のスタップをして、フォームを動的にレンダリングする必要があります。要件への対応が十分ではない場合は、それらをカスタマイズするか、フィードバックを提供してください。これにより、新しいテンプレートを拡張することが理にかっているかどうかについて話し合うことができます。