Menu Close

12.5. クライアントアダプター設定の生成

Red Hat Single Sign-On は、アプリケーションのデプロイメント環境にクライアントアダプターをインストールするのに使用できる設定ファイルを生成します。OIDC と SAML の両方で、多くのアダプタータイプがサポートされます。

  1. 設定を生成するクライアントの Installation タブに移動します。

    client installation

  2. 設定用に生成された Format Option を選択します。

OIDC および SAML のすべての Red Hat Single Sign-On クライアントアダプターがサポートされます。SAML の mod-auth-mellon Apache HTTPD アダプターと、標準の SAML エンティティー記述子ファイルがサポートされます。