Menu Close

3.5. サーバーキャッシュの消去

Red Hat Single Sign-On は、JVM の制限と設定した制限の範囲内で、メモリー内のメモリーにあるものをすべてキャッシュします。サーバーの REST API または管理コンソールの範囲外の DBA などのサードパーティーによって Red Hat Single Sign-On データベースが変更された場合は、インメモリーキャッシュの一部が古くなる可能性があります。レルムキャッシュ、ユーザーキャッシュ、または外部公開鍵 (外部クライアントまたはアイデンティティープロバイダーの公開鍵など) を消去できます。Red Hat Single Sign-On は、特定の外部エンティティーの署名の検証に使用できます。

手順

  1. メニューで Realm Settings をクリックします。
  2. Cache タブをクリックします。
  3. エビクトするキャッシュの Clear をクリックします。

    キャッシュタブ

    Cache tab