Menu Close

1.2. Red Hat Single Sign-On の基本操作

Red Hat Single Sign-On は、ネットワーク上で管理する別のサーバーです。アプリケーションは、このサーバーによって提供され、保護されるように設定されています。Red Hat Single Sign-On は、OpenID Connect または SAML 2.0 などのオープンプロトコル標準を使用してアプリケーションを保護します。ブラウザーアプリケーションは、ユーザーのブラウザーをアプリケーションから Red Hat Single Sign-On 認証サーバーにリダイレクトし、ユーザーに認証情報の入力を求めます。ユーザーがアプリケーションから完全に分離され、アプリケーションにはユーザーの認証情報が確認されないため、このリダイレクトは重要です。アプリケーションには、暗号で署名された認証情報トークンまたはアサーションが与えられます。これらのトークンには、ユーザー名、アドレス、電子メール、他のプロファイルデータなどのアイデンティティー情報を使用できます。また、アプリケーションによる承認決定を実行できるように、パーミッションデータを保持することもできます。これらのトークンを使用して、REST ベースのサービスでセキュアな呼び出しを行うこともできます。