Menu Close

8.5.6.2. Apache 証明書ルックアッププロバイダー

Red Hat Single Sign-On サーバーが Apache リバースプロキシーの背後にある場合は、このプロバイダーを使用できます。サーバーには以下の設定を使用します。

<spi name="x509cert-lookup">
    <default-provider>apache</default-provider>
    <provider name="apache" enabled="true">
        <properties>
            <property name="sslClientCert" value="SSL_CLIENT_CERT"/>
            <property name="sslCertChainPrefix" value="CERT_CHAIN"/>
            <property name="certificateChainLength" value="10"/>
        </properties>
    </provider>
</spi>

この設定は、haproxy プロバイダーと同じです。クライアント証明書の HTTP ヘッダーおよびクライアント証明書チェーンの設定方法の詳細については、mod_ssl および mod_headers の Apache ドキュメントを参照してください。