1.2.11.4. クライアント通信へのサーバーの SAML アーティファクトバインディング

Red Hat Single Sign-On は、SAML アーティファクト バインディングを使用したクライアントとの通信をサポートするようになりました。クライアント設定で新しい Force Artifact Binding オプションが利用できます。アーティファクトメッセージを使用してクライアントとの通信を強制します。詳細は、『サーバー管理ガイド』を参照してください。このバージョンでは、Red Hat Single Sign-On SAML クライアントアダプターはアーティファクトバインディングをサポートしません。