第1章 Red Hat Single Sign-On 7.5.0.GA

1.1. 概要

Red Hat は、Red Hat Single Sign-On (RH-SSO) のバージョン 7.5 のリリースを発表します。RH-SSO は Keycloak プロジェクトをベースとしており、OpenID Connect、OAuth 2.0、SAML 2.0 などの一般的な標準仕様に基づいて Web SSO 機能を提供することで、Web アプリケーションのセキュリティーを保護します。RH-SSO サーバーは OpenID Connect または SAML ベースの ID プロバイダー (IdP )として機能し、エンタープライズユーザーディレクトリーまたはサードパーティー IdP が標準仕様ベースのセキュリティートークンを使用してアプリケーションを保護できるようにします。

注記

IBM Z および IBM Power Systems 向けの Red Hat Single Sign-On は、OpenShift 環境でのみサポートされます。IBM Z および IBM Power Systems でのベアメタルインストールはサポートされていません。

以下の注記は RH-SSO 7.5 リリースに適用されます。