1.2.7. OAuth 2.0 Token Revocation (RFC 7009)

Red Hat Single Sign-On を OAuth 2.0 の承認サーバーとして使用するアプリケーションでは、トークン失効エンドポイントを使用して更新トークンを取り消すことができるようになりました。