1.2. 新機能または改善された機能

1.2.1. financial-grade API、FAPI CIBA、および Open Banking Brasil

Red Hat Single Sign-On サーバーは、Financial-grade API (FAPI) のサポートを提供します。Red Hat Single Sign-On は、OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication (CIBA) および OpenBanking Brasil に準拠しています。CIBA ping モードにも対応しています。

Red Hat Single Sign-On サーバーがクライアントに対してよりセキュアで FAPI に準拠するように検証するには、FAPI クライアントポリシーを設定します。これらのポリシーにより、クライアントの SSL 要件やリダイレクト URI をセキュアにするセキュリティーのベストプラクティスが確保されます。詳細は、『Securing Applications and Services Guide』の「FAPI」セクションを参照してください。