3.5. アプリケーションをセキュアにするためのサンプルコードのインストール

最後の手順は、https://github.com/redhat-developer/redhat-sso-quickstarts リポジトリーから一部のサンプルコードをインストールして、このアプリケーションのセキュリティーを保護する方法を説明します。クイックスタートは、最新の Red Hat Single Sign-On リリースと連携します。

サンプルコードは app-profile-jee-vanilla クイックスタートです。これは、WAR を変更せずに Basic 認証でセキュア化された JavaEE アプリケーションを変更する方法を実証します。Red Hat Single Sign-On クライアントアダプターサブシステムは認証方法を変更し、設定を挿入します。

前提条件

以下がマシンにインストールされ、PATH で利用できる。

  • Java JDK 8
  • Apache Maven 3.1.1 以降
  • Git

keycloak.json ファイルがある。

手順

  1. JBoss EAP アプリケーションサーバーが起動していることを確認します。
  2. 以下のコマンドを使用して、コードをダウンロードし、ディレクトリーを変更します。

    $ git clone https://github.com/redhat-developer/redhat-sso-quickstarts
    $ cd redhat-sso-quickstarts/app-profile-jee-vanilla/config
  3. keycloak.json ファイルを現在のディレクトリーにコピーします。
  4. app-profile-jee-vanilla ディレクトリーに移動します。
  5. 以下のコマンドを使用してコードをインストールします。

    $ mvn clean wildfly:deploy
  6. アプリケーションのインストールが正常に完了したことを確認します。ログインページが表示される http://localhost:8080/vanilla に移動します。

    成功を確認するログインページ

    Login page confirming success

  7. demo レルムで作成したアカウントを使用してログインします。

    demo レルムへのログインページ

    Login page to demo realm

    Red Hat Single Sign-On の使用が成功したことを示すメッセージが表示され、サンプル JBoss EAP アプリケーションを保護します。おめでとうございます。

    完全な成功

    Complete success