3.2. JBoss EAP クライアントアダプターのインストール

JBoss EAP と Red Hat Single Sign-On を同じマシンにインストールする場合、JBoss EAP ではいくつかの変更が必要になります。この変更を加えるには、Red Hat Single Sign-On クライアントアダプターをインストールします。

前提条件

  • JBoss EAP がインストールされている。
  • このファイルをカスタマイズする場合は ../standalone/configuration/standalone.xml ファイルのバックアップを作成します。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータル から、Client Adapter for EAP 7 をダウンロードします。
  2. JBoss EAP のルートディレクトリーに移動します。
  3. ダウンロードしたクライアントアダプターをこのディレクトリーに展開します。たとえば、以下のようになります。

    $ unzip <filename>.zip
  4. bin ディレクトリーに移動します。

    $ cd bin
  5. プラットフォームに適したスクリプトを実行します。

    注記

    file not found エラーが発生した場合は、前の手順で unzip を使用していたことを確認してください。この抽出方法は、正しい場所にファイルをインストールします。

    Linux/Unix

    $ ./jboss-cli.sh --file=adapter-elytron-install-offline.cli

    Windows

    > jboss-cli.bat --file=adapter-elytron-install-offline.cli

    注記

    このスクリプトを使用すると、…​/standalone/configuration/standalone.xml ファイルに必要な編集が行われます。

  6. アプリケーションサーバーを起動します。

    Linux/Unix

    $ ./standalone.sh

    Windows

    > ...\standalone.bat