6.3. リモートの実行を使用したシステムのパッチ修正

6.3.1. ホストでのリモート実行の有効化

Satellite Server のインストール中に、公開 SSH キーと共に内部の Capsule Server が自動的にインストールされます。内部の Capsule Server は、/usr/share/foreman-proxy/.ssh/id_rsa_foreman_proxy から SSH キーを読み込みます。公開 SSH キーをホストに配信すれば、リモート実行を有効にできます。

Satellite Server 上でキーをホストに配信します。

 # ssh-copy-id -i ~foreman-proxy/.ssh/id_rsa_foreman_proxy.pub root@auth01.example.com

6.3.2. ホストへのエラータのインストール

Satellite は、エラータのインストールなど、リモートジョブを実行するデフォルトのジョブテンプレートを提供します。

  1. ホストすべてのホスト に移動して、ホスト名の横のチェックボックスをクリックします。
  2. アクションの選択 をクリックして、ドロップダウンメニューから リモートジョブのスケジュール を選択します。
  3. ジョブカテゴリー ドロップダウンメニューで、Katello を選択します。
  4. ジョブテンプレート ドロップダウンメニューで、Errata-Katello SSH デフォルトのインストール を選択します。
  5. エラータ フィールドで、エラータ ID を入力します。
  6. 今すぐ実行 を選択して、送信 をクリックします。